2016年09月11日

線路脇の吾亦紅

今日からぐずつくという予想でしたが、朝のうちから結構日差しもありました。洗濯物を干し
たら町内会の寄り合いへ。後半分。頑張ろう。この秋で、ずっと懇意にしていたお米屋さんが
お店を閉めると挨拶に来ました。さみしいな。でもって、娘が学生時代にお世話になった
お茶の先生の所へ通うことになりました。懐かしいな。いろんな思いが交差する秋ですわ。
ぐずつく予想はどこへ行っちゃったんだろうなぁ。そこそこ爽やかでいい休日でしたよ。

さて、記事の方は7/30のおさんぽの続き。隣町へ向かって歩いて行く途中線路を1カ所渡る
のですが、その線路沿いの草地に毎年、地味な秋の花が咲くんです。

160911_waremokou1.jpg

撮るの難しいし、背景はさびたフェンスになっちゃう。それでも撮りたいワレモコウ。
ひょろひょろっと秋の支度中。

続きを読む
posted by はもよう at 17:36| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする