2020年11月24日

イヌコウジュ開花

朝から気合いが入った冷え込みでした、今日のうちの方。本来の気温に戻れば
こんなもんなんですね。以後気をつけます。土曜日に強い風が吹いて、イチョウや
ケヤキの葉っぱがだいぶ散ったようです。葉っぱが散りきったら、半年近く枝だけ
を眺めて過ごさなければならないんですね。そう考えたら、残っている葉っぱが
惜しくなってきました。堪能せねば。先ずは、まだ色付ききっていないイロハ
カエデから。

記事の方9/13に近所の公園を一回りしてきたときの写真から。ユリノキ並木を見上げ、
秋の兆しに夏の名残を眺めつつ歩いてきて、雑木林の林床を縫って進む道。

201124_asiboso1.jpg

このあたりの地面を覆う葉っぱは、たぶんアシボソ。ササっぽい形の葉っぱだけれど、
もっと薄くて繊細で草の葉って感じです。


続きを読む
posted by はもよう at 21:56| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする