2014年08月11日

梧桐の花後と槐の花

昨夜は台風一過のスーパームーン。雲の切れ間から、幻想的なお姿を見る
ことが出来ました。今日でもまだ通常よりは若干大きめなお月様を、贅沢に
月は東に日は西に… ♪ 状態で眺めることが出来ました。出たての月は
あっという間に雲に隠れちゃったので更に貴重でした。夕食後は天空にかかる
大きめお月様を更に楽しみました。明日からはお天気下り坂だそうですから、
ラッキーと言うしか有りません。良いことがありますように(-人-)お祈り〜。

さて、今日の記事から新ブログ。そして、7/21に隣町で撮ってきた写真
シリーズに移ります。梅雨明け直前の隣町。まずは途中のアオギリから。

14_0811_aogiri1.jpg

たくさん咲いていたお花がちりました。受粉の済んだめしべが動き出します。
とってもユニークな実り方、今年の部の開幕です。




7/13の様子を7/30の記事に載せています。1週間前までは満開でした。

14_0811_aogiri2.jpg

いや、散ったなぁ。

さあ、ここからが観察のしがいのあるところ。受粉できて実を結びそうな
めばなを探します。どこかな?

おお、あったあった。これこれ ↓ くるりんとした花びらっぽいものの間
から、にゅっと伸びて一度ゴツゴツの固まりがあって更にめしべの先が付いて
いた、あの花の形を覚えていますか?

14_0811_aogiri3.jpg

これがめばなのあと。途中のゴツゴツが、受粉を受けて実になる準備を始めた
ところです。

めしべの花糸部分がふくらみ始めています。こうして見るとさらに、5つの
部品が合わさって居たんだなって解ります。他の花だったら子房と呼ばれる
部品が付いているあたりですよね。

5つ有るのでこのあとは、スウェードの手袋をしたお手の様に見えたりします。
でも、アオギリの実の完成形は枯れ葉の端にタネがくっついている形。
さて、ここからどう変化するのかな? 今年も楽しく観察してみたいと思います。



そばに立っているナンキンハゼ。こちらもトウダイグサ科の変わりものですが、
お花の季節を迎えていました。

14_0811_nankin_h1.jpg

黄緑色のおばなの穂が目立っていますね。
根元には小さなめばなも咲いているはずです。

これがやがて、3つセットのコロコロの実になり、葉っぱが綺麗に紅葉する
ちょっと前にはパカッと割れて白いロウに包まれたタネを出します。

14_0811_nankin_h2.jpg

ハゼ(櫨)の名前は、ロウが採れる実からかな?あちらはウルシ科で、こちらは
トウダイグサ科ですからね。紅葉が綺麗なので、結構、街路樹や公園に植え
られていますよ。

過去記事で接近写真を撮った株は今年強剪定されちゃって、お花が咲かない
ので今年は接近画像なしです。気になる方は過去記事をどうぞ。



公園について、まずはどんぐり確認。

14_0811_kunugi.jpg

クヌギはこのくらい。
去年受粉しためばなが、満を持して動き出しました。これからどんどん丸く
なりますよ。


残念なお知らせはナツハゼの木。燃えるような赤い紅葉、日本のブルーベリーと
釣り鐘型のお花から実る日本のブルーベリーと呼ばれる愛らしい実。

14_0811_natuhaze.jpg

毎年、お隣のネジキとセットで眺めてきたナツハゼでしたのに、この日、根元
から切り倒されたことを知りました。ナツハゼの切り株です。

確かにここ何年か、一時の元気がありませんでしたが、切らなければならないほど
傷んでいたとは知りませんでした。実がなるほどの大きなナツハゼは、もう近く
にはないので、しばらく観察できません。残念だな。



並びに立ってる八重のムクゲ(木槿)は今年も元気です。

14_0811_mukuge1.jpg

これも毎年撮っている花。

雨の中で咲いてるのを撮った年もあったけれど、今年は青空の下です。

14_0811_mukuge2.jpg

これから毎日、夏中咲いててくれるはず。よろしくね、ムクゲの花。





ここからは別の日です。隣町の公園でも、7/21でもなくて。済みません。
半端で、この辺にねじ込んでおかないと載せそびれそうで。(^^A)

7/28に近所で撮ってきたエンジュの花。7/17に撮った写真を8/4の記事に
載せたのと同じものです。

14_0811_enju1.jpg

花序の姿が解りやすい ↑ 上の方の枝はこんな感じ。

でもってお花は白くてマメ科らしい蝶型花。

14_0811_enju2.jpg

どっさり咲きます。花に来るハチさんの羽音の中で撮りました。

更にどっさり咲いている花序。

14_0811_enju3.jpg

もう、何が何だか解らない密度。

これ、商店街の街路樹なんですが、育ちが良すぎて枝が暴れるものだから、
かなり乱暴に剪定されていて、それでこんなものすごい花数になったもよう
です。中国では学問と権威の象徴なんだけど…なんだか可哀想です。


お花のあとは豆のさやが下がります。ハリエンジュはペタンコだけれど、
このエンジュは、ポコポコが3〜4個連なったお数珠みたいな豆のさやになり
ます。



次の記事はまた、7/21のおさんぽ写真。隣町で撮るヤマユリの写真第2弾を
見てくださいね。


posted by はもよう at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック