2014年08月13日

道路際の草

夏休み真っ盛りですが、最近の小学生は押し花作りなんてしないのかな。
身近な草花を採って来て、新聞紙に挟んで重しして…。図書館で名前調べの
手伝いをしてくれたこともありましたよ、私が子どもの頃は。←遠い昔だな。

今の子が街中の道端で、雑草の名前に興味が出ても、お父さんお母さんは
いったい何種類の草の名前を教えてあげられるかな?

14_0813_o_aretino_g1.jpg

なんてね(^m^)。7/21のお散歩の帰り、路傍の草を眺めてそんなこと考え
ちゃいました。ちなみにこの子はオオアレチノギク。





南米原産、キク科の帰化植物。ポンポンに開いた綿毛が可愛いでしょ。

14_0813_o_aretino_g2.jpg

そっくりさんは北米原産のヒメムカシヨモギ。
あちらは頭花にちらりと花びら(舌状花)がのぞきますが、オオアレチノギク
はほぼ目立ちません。
ヒメムカシヨモギは別名を 御維新草と言うくらいで、明治始めの日本に
広がりましたが、オオアレチノギクはそのあとに入ってきて、ヒメムカシ
ヨモギに置き換わるように広がったそうです。

14_0813_o_aretino_g3.jpg

お花の横顔は下ぶくれで、ころんとしています。
検索中に、この白くて糸状のものが舌状花だという記事も見つけちゃいました。
全然「舌」に似てないし(-"-;)。植物観察、難しいです。



それからこちらはマンネングサの仲間。学名そのまま「セダム」とも言います。
ベンケイソウ科マンネングサ(セダム)属。
そこまでは、見ただけですぐ判ります。これだけのぷくぷくした葉っぱは
他にはないので。

14_0813_o_taitogome1.jpg

ただそこから迷路が待っています。似たり寄ったり、違いが微妙で分かり
づらい。さて、これは何マンネングサでしょう。
あちこち検索して、今のところ、オカタイトゴメが一番有力です。

14_0813_o_taitogome2.jpg

ちょっと前までは、メキシコマンネングサとツルマンネングサ、コモチ
マンネングサを押さえておけば何とかなったのに、いつの何こんなに増え
ちゃったのかしら。困るわぁ。(^^*)

しかも可愛いからついつい目に付いちゃうし ♪ この子はとっても小さくて
可愛かったです。



その前の週、道端にマメ科の葉っぱをたくさん見かけました。

14_0813_mameka.jpg

これから秋にかけてますます蔓延っちゃうな。
ひと目に3種類。見分けられるかな?


翌週7/21にもう一回ちゃんと写真を撮り直しました。
右上は有名なクローバーこと、シロツメクサ。
反対側はヤハズソウ。

14_0813_yahazu1.jpg

3枚ワンセットの細長めの葉っぱ。引っ張るとVの字、つまり矢筈(やはず)の
形に切れる葉っぱだからヤハズソウ。

3枚ワンセットで、丸っこいというかハート型の葉っぱはマルバヤハズソウ。

14_0813_m_yahazu1.jpg

葉っぱの形もさることながら、茎の先のこの表情が特徴。
ミニチュアの萩の木のようになります。


さっきの写真を見直したら今度は3種見分けられるかしら?


こっちが ↓ ヤハズソウで

14_0813_yahazu2.jpg

こちらが ↓ マルバヤハズソウ。

14_0813_m_yahazu2.jpg

真夏をちょっと過ぎた頃から、順次花をつけ始めるマメ科ハギ属のお仲間。
お花は小さいけれど素敵ですよ。



芽を出したばかりのコミカンソウ。こんなに暑くなってからのお目見えには
熱帯原産が関係有るのかな?

14_0813_komikan_s.jpg

小さな丸い葉っぱが並ぶ形がマメ科みたいな葉っぱだけれど、こちら、変わり
ものぞろいのトウダイグサ科です。

暑すぎても、夜の間も葉っぱを閉じて省エネ仕様。芽吹きたてと大きくなって
からは表情が違うのも面白いところですが、一番の特徴はやがて茎の下に並ぶ
極小だけれどミカンみたいなオレンジ色の実。

もうちょっと大きくなったらまた見に行こう。



次の記事からはたぶん8月のおさんぽに移ります。何を見たんだっけな。




旧ブログの関連ページ:

2012/ 7/26付 「道ばたのおなじみ」

2005/ 9/26付 「マルバヤハズソウ」
2006/ 7/ 8付 「マメ科の葉 いろいろ」
2006/10/12付 「マメ科ハギ属の実など」

2010/ 8/ 9付 「コミカンソウの群落」
2009/ 9/ 9付 「コミカンソウ属2種」



posted by はもよう at 21:22| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: