2014年08月20日

コバギボウシの花

いやま、本当にっ、暑かったです。昨夜も暑かったし、今日も暑かった(~Q~;)。
じっとしていても汗が出るし、お水が手放せません。熱中症に気を付けなきゃ。
今日、午後急に暗くなりましたので、洗濯物を取り込もうとベランダに出たら、
ちょっと向こうの雲の下に何かもやもやっと線のようなものが見えてるなぁ…
まさかあれが雨だったり?なんて思っていたら、我が家上空に通り雨。
やっぱりあれも雨だったのかなぁ? ひと雨降っても気温は下がりません。
ツクツクボウシが鳴き始めたって言うのに、今夜もまた、熱帯夜かしら?(^^A)

隣町を歩いてきた8/3のおさんぽシリーズもこれで5回目。今回は大好きなお花
コバギボウシを気が済むまで特集しようと思います。

14_0820_k_gibosi1.jpg

湿った場所が好きな涼しげな紫の花です。





隣町の公園の裏口を抜けた谷のところに枯れ沢があって、雨上がりだけお水が
流れるのですが、その、涼しい日陰の株です。

14_0820_k_gibosi2.jpg

花茎の高さは2〜30cm程度。野の花としては立派な大きさですが、その名の
通り、お仲間うちでは小柄な方です。

緑陰濃い谷の底で、今年も奇麗に咲きました。

14_0820_k_gibosi3.jpg

株により色の濃淡はありますが、青みがかった紫色が素敵です。

7月半ばのおさんぽで見つけた、 ↓ 一番花はもう若い実になっちゃって
いました。

2014/ 7/31付 「日陰好きな花」

14_0820_k_gibosi4.jpg

擬宝珠という、橋の欄干などに飾られている金色のタマネギみたいな飾りに
似ているということで、え〜っどこが?っと堅いつぼみまで調べたことも有り
ました。

14_0820_k_gibosi5.jpg

ひとつひとつのお花の寿命はそれほど長くはないけれど、シーズンはまだ
始まったばかり。これからしばらく楽しませてもらいたいと思います。


ついでの周りの草の様子も記録しておきます。
こちら、キツネノボタン。

14_0820_k_botan1.jpg

お花はあいかわらず小さいけれど、元気にピカピカ咲いてます。

カギ付きの実も次々量産中。

14_0820_k_botan2.jpg

増えちゃえ〜。(^m^)



そうそう、水辺に生えてたミツバの花も無事に実になりました。

14_0820_mituba.jpg

小さすぎて…解るかな? イモのつるがからんじゃってほどけなかったのよね。



谷を出て今度は「北向きの斜面」を歩きます。
何度も通っているから、顔なじみだってあるんですよ、お花の。



毎年 律儀に ここで咲く花はなんだっけ?

14_0820_inukoju.jpg

はい、この葉っぱはイヌコウジュ。

それからこちらはキンミズヒキの仲間。

14_0820_k_mizuhiki.jpg

キンミズヒキと姫キンミズヒキとあとなんだっけ…


そうそう、勝手におばちゃんの花だんって呼んでいる一角ではシュウカイドウ
がお花の準備を始めていました。

14_0820_shukaido.jpg

小さい秋…見つけながらのおさんぽになっちゃうよねぇ。8/3だけど。


次に記事もたぶん8/3の写真です。更に秋の花、続々です。

posted by はもよう at 20:51| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: