2014年08月27日

一文字カメノコハムシ

今日も一日中降ったり、止んだり、霧雨になったり…絶好の宿題日和でしたよ。
まあ、我が家にはもう8/31目指して頑張る人は居ませんが(^^;)。何をするにも涼しくて
助かる反面、体調を崩しそうです。無理せず、休み休み 頑張りましょう。

さて、虫に嫌いな方ごめんなさい、今回も虫の記事です。前の虹色の次は金色の虫。
ムラサキシキブという、女流作家のお名前を頂いた風流な低木があります。
その葉っぱに付くちょっと渋めの金色の虫がこれ ↓ イチモンジカメノコハムシです。

14_0827_i_kamenoko_h1.jpg

クマツヅラ科の落葉低木、ムラサキシキブの葉裏にはこんな虫が住んで居るんですよ。





子どもの頃の愛読書のひとつは、小学館の図鑑でした。動物と虫の図鑑は特に愛されて
ボロボロでしたっけ。印象的なものは沢山ありましたが、その中でも「ジンガサハムシ」
と言うのには強く引きつけられました。だって、虫とは思えない。透き通って艶やかな
プラスチック・ボディに金色なんですよ。この目で見なくちゃ信じられない姿です。

縁あって、大人になってジンガサハムシにも、そのお仲間にも会えました。

2013/ 6/14付 「金ぴかの虫3種」
2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」
2006/ 7/12付 「北向きの斜面の虫」 イチモンジカメノコハムシのサナギ
2006/ 5/11付 「ジンガサハムシの仲間」


植物の名前調べを始めた頃には、こんな穴だらけの木は、被写体にもならないし
見向きもしませんでした。でも今は違います。
食べられた植物の種類(食草)と葉っぱの食べられ方(食痕)で食べた虫の見当がつくよう
になったからです。

14_0827_i_kamenoko_h2.jpg

特にお気に入りの虫となったら、ニヤニヤ顔で葉っぱを裏返しに行っちゃいます。
たとえばこんな風に穴だらけのムラサキシキブ。もう、絶対 居るでしょう。

ほら、居た、イチモンジカメノコハムシみっけ!

14_0827_i_kamenoko_h3.jpg

蝶々や蛾の幼虫、毛虫やイモムシは葉っぱを残さず食べる子が多いんです。
枝だけ、あっても葉の軸だけ…となったらイモムシ毛虫の類を期待します。

逆にハムシの仲間は体も小さいし、アゴもそんなに大きくないので残さず食べることは
難しいです。小さな穴の空いた葉とか、すけすけの葉脈残しとかを見たら、ハムシを
期待します。


これが ↓ 虫ですよ。あ、ちなみに下が頭。背中を割って薄羽を出して飛ぶことも出来ます。

14_0827_i_kamenoko_h4.jpg

鎧のような殻を葉っぱに押しつけ、足も触覚も中にしまって、身を守ります。
だから比較的、逃げないので、私にも接写が撮れました。
よくよく見るとこの子、触角をしまい忘れて居ますけどね(^m^)。

身を守るのは解っても、一番不思議な、何故透明なのかって言う点に関する記述はまだ
見つかりません。何故なのかな〜?





この日(8/3)は一文字カメちゃんをよく見る日でした。
今度はこっちの若木。

14_0827_i_kamenoko_h5.jpg

クモさんがお家を構える(白い四角の所)この木もムラサキシキブでした。

枝先の柔らかそうな葉っぱの裏には…

14_0827_i_kamenoko_h6.jpg

また居た、一文字カメちゃん。大人です。

そして、こわ〜いクモさんのお家のそばには…

14_0827_i_kamenoko_h7.jpg

白矢印の所…何か居ますでしょ。

角度を変えて真後ろから…、クモさんのお家の網越しにのぞきます。

14_0827_i_kamenoko_h8.jpg

解るかなあ。これ、自分の糞で擬態した幼虫ちゃんです。
一文字カメちゃんのお子さん。

クモさんのお家の 網のそばでお食事中。
ある意味安全?でも、クモに食べられちゃわないかなあ?

今年は、いつもで会える他の2種。ジンガサハムシとイノコズチカメノコハムシに
会えていなかったので、ここで一文字ちゃんに会えて嬉しかったです。
元気にたくさん殖えて欲しいな。


こんな地味な虫ちゃんばっかりでごめんなさい。おまけ画像は、こちらもお気に入り。
アシグロツユムシの幼虫ちゃん。

14_0827_asiguro_t1.jpg

葉っぱの上やお花の中などでよく見かける、「北向きの斜面」のアイドル。
ビーズ細工のような綺麗な虫さんです。

14_0827_asiguro_t2.jpg

折からの強烈な日差しが透けて、ビーズ細工感が更にましてます。
綺麗だなあ。

2006/ 9/29付 「9月に出会った虫」 アシグロツユムシ成虫



虫が苦手な方にはごめんなさい、あと一回分だけ虫特集です。
樹液に集まる虫さんたちとオレンジ色のバッタ。それが済んだらまた、植物ブログに
戻ります。(^^A)




ブログ内関連ページ:

2013/ 6/14付 「金ぴかの虫3種」
2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」
2006/ 7/12付 「北向きの斜面の虫」 イチモンジカメノコハムシのサナギ
2006/ 5/11付 「ジンガサハムシの仲間」


2006/ 9/29付 「9月に出会った虫」 アシグロツユムシ成虫




posted by はもよう at 22:15| Comment(2) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
皆さん大きくなられたのですね。
もうご安心でよろしいですね。
大阪の方では中学校はもう25日から、
2学期が始まっているようです。
大阪の諸事情があるみたいですが、
今年は涼しいからよかったです^^

カメノコハムシのお仲間たち探してみます。
ヤブムラサキを山際でよく見かけますので、
虫食いを探してみます。
2,3回あったことはあると思うのですが、
もう忘れるぐらいまえです。
でも、そういいましたら、
ヤブムラサキのあった山際で見たような気がします。
これで、あえる可能性はぐぅ〜んとアップしましたね。
いつもありがとうございます。

Posted by ブリ at 2014年08月29日 12:55
ブリさん、こんばんは。

あら、大阪の学校は25日から新学期なんですか?
うわあ、恨まれそう(^m^)。

イチモンジカメノコハムシはヤブムラサキにもいるかな。
会えるといいですね。
うちの方では6月に会えることが多かったのですが
この日も会えて嬉しかったんですよ。

ブリさんのめくる葉っぱの裏にも居ますように(-人-)お祈り〜。
Posted by はもよう at 2014年08月29日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: