2014年09月08日

センニンソウの花

今日は明るい曇りでした。せっかくの中秋の名月でしたが、雲が厚くて見えません。
明日は、更に明るいスーパームーンだそうですから、明日に期待しようと思います。
そうそう、通勤途中に有るお屋敷の庭からギンモクセイの香りが漂ってきました。
もうそんな季節なんですね。

ですが、記事の方はまだ8/30。隣町で撮ってきたつる性植物をいろいろ見ていただき
ましょう。

14_0908_o_dokoro.jpg

ハート型の葉っぱが連なるリースはオニドコロ。隣町の「北向きの斜面」入り口に
かかっていました。






つる性植物たちだって、紅葉もするし実も色付くし、お花だって咲かせちゃう秋です。

14_0908_tuta1.jpg

「北向きの斜面」の木々にはいろんなつるが巻き付いています。
例えばこれ ↑ 手前はキヅタで奥はテイカカズラ。


↓ こちらはキヅタのつるの先。

14_0908_tuta2.jpg

地面を這って、丸太を駆け上っててっぺんまで。次にからみつくものを求めて背伸び中
です。キヅタはやがて真っ赤に色付きますね。



あとちょっと進んだら、今度はノブドウを見つけました。早くも実が色付いています。

14_0908_nobudou1.jpg

青い実…

14_0908_nobudou2.jpg

ピンクの実。
つぶつぶカラフルノブドウの実。これからますますたくさん見られるようになります。
楽しみだなぁ。



おさんぽ進んでいつもなら、大きなニワトコやオトコヨウゾメ、コアジサイなどが並ぶ
一角、今まで何度も足を運んでいる場所で、今年初めて、センニンソウが咲いているの
を見かけました。

14_0908_sen_ninso1.jpg

「北向きの斜面」には、他にたくさんのセンニンソウの群落がありますが、今回の場所
で見たのは初めてでした。思わずアップで撮って、9月のごあいさつカードにしちゃい
ました。


この日は斜面のヤマツツジの上を、雪が積もったように真っ白に染めて咲いていました。

14_0908_sen_ninso2.jpg

クズほど高みを目指しはしないんですが、低木の上を広く覆ってしまうので、下敷きに
された葉はたまりません。日光を浴びられなければ枯れちゃいます。

14_0908_sen_ninso3.jpg

でもこの見事なお花を見ちゃうと、むげには切れません。

14_0908_sen_ninso4.jpg

センニンソウの花。真っ白です。綺麗だなぁ。(しみじみ)

夏から秋にかけ、「北向きの斜面」のてっぺんではクズとセンニンソウが勢力争いを
繰り広げています。

14_0908_sen_ninso5.jpg

あっちにも、

こっちにもセンニンソウ。

14_0908_sen_ninso6.jpg

見た目は清楚で控えめですが、このつるは容赦なく蔓延るタイプ。
がんがん刈られても、くじけずまた伸びるタイプです。

野生のクレマチスこと、センニンソウ。お花のあとは、クレマチスと同様に、白い
綿毛の付いたタネになります。センニンソウの名前も、そのタネ由来。なかなか
撮れないけれど今年も挑戦してみます。



ところで、前の記事で書いたように、この日見たかったお花に会えなかったのは
辺り一面の草刈りが済んじゃったから。
もうすぐここはヒガンバナの群落になるんです。
ヒガンバナを目立たせるために刈られちゃったのはツリガネニンジンだけじゃなくて。

14_0908_t_siode.jpg

実をつけたばかりのタチシオデも、スカッと刈られて無念の 実だけ残し。
ああ、残念でした。また来年。




次の記事はたぶんまた虫さんです。
ちょっと渋めの金ぴか虫、イチモンジカメノコハムシの幼虫ちゃんが撮れたので。
金ぴかじゃないけど、だいぶへんてこな姿です。良かったら次回もお付き合い下さい。


posted by はもよう at 23:06| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: