2014年09月10日

道ばたのツルボ

今日は一日曇り。まあ、雨にならなくて良かったです。それにしてもすっかり涼しく
なっちゃいましたね。有り難いですけど、なんかもの足りな…いえなんでもないです。
残暑もなくて過ごしやすいです。今夜からまたぐずつきそうな雲行きですけど。

記事の方は8月最後のおさんぽで撮ってきた写真シリーズに移ります。

14_0910_turubo1.jpg

8/31近所の道ばた、いつもと同じようにツルボが咲き出しました。





でも、ほんとのこと言って、行きには見つけられなかったんですよね。
鉢植えで育てているツルボに花芽が上がってきたので、これはもう咲いているかもと
期待して探したのですが、行きには他の草の葉に阻まれて姿が見えず。
あきらめきれなくて帰りにもう一度、他の葉っぱをかき分けてやっと見つけたお花です。


行きに目があったのは、これもこの時期雨上がりにお目にかかるレイン・リリーこと
ハブランサス。中南米原産のヒガンバナ科の球根植物。

14_0910_rain_lily.jpg

花びらの先が丸めで、どこかゆるい咲き方。そして、だいぶ薄めの柔らかいピンク。
そっくりさんが多いのですが、画像検索してみるとそれが一番近いかな?と思います。
誰かが鉢の土ごと捨てていったんでしょうね。いつからかこの道で、夏から秋の
雨上がりに幻のように咲いて消えていきます。会えたらこの日はラッキーってことに ♪




公園を歩いてさんざん写真撮っての帰り道、しつこく粘って見つけたツルボ。

14_0910_turubo2.jpg

うれしさもひとしおです。

なんだ見つけてみればあたりにこんなにつぼみもあります。

14_0910_turubo3.jpg

まだまだたくさん咲きそうです。


毎年同じなのでこのへんは↓過去記事をコピペ…っと。

ツルボはユリ科ツルボ属。
別名はサンダイガサ(参内傘)。つぼんだ傘の形のお花を開きます。

14_0910_turubo4.jpg

ちょこっと変わった生態を持つ植物で、これからが本番のヒガンバナなどと同様に、
葉と花を違う季節に展開させます。だから、今はお花中心で、葉っぱは申し訳程度に
しか見られません。今年の葉っぱは、早春に茂っていました。

2009/ 4/ 1付 「期間限定の葉」

レインリリー咲いているくらいだから、夜中にちょこっと降ったと思うんだけど、
ちょっと良く覚えてないっす(^^A)。←おいおい。

朝露かな? あたりの草も濡れてます。

14_0910_turubo5.jpg

ツルボと水玉のツーショット。我ながら満足な出来。(^^*)

夏と秋の狭間で咲くツルボの花。今年も会えて嬉しかったです。

14_0910_turubo6.jpg

このあともきっとたくさん咲いてくれたはず。(見に行けてないんですけどね。)
タネをたくさんこぼして、殖えて欲しいな。



この日は帰り際にもう一種、リベンジしたお花があります。前の日撮って全部
ピンぼけだったツユクサの花。

14_0910_tuyukusa1.jpg

今度はワンショットワンショット確認しつつ撮りました。
地面に近いところで咲いているから撮りづらいんですよ。

14_0910_tuyukusa2.jpg

これは我が家の近くでよく見る色違いのツユクサ。紫色なんですよ。
綺麗でしょ。

14_0910_tuyukusa3.jpg

タネをもらってうちの鉢でも育ててみましたが、タネからでも紫色しか咲きません。
青いツユクサならどこででも見るけれど、紫色のは珍しいでしょ。
綺麗に撮れて良かった。



帰り道の話を先にしちゃいましたが、このあとは、いつもおさんぽしている公園を
巡って、秋の準備の進み具合を見てきました。次回はそんな写真を見ていただく
予定です。

14_0910_sakura.jpg


最後の一枚はサクラの落ち葉。秋の紅葉展覧会への招待状みたいに草の葉に挟まって
居ましたよ。



posted by はもよう at 17:21| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: