2014年09月21日

ヤブガラシの実

今日は秋らしい良いお天気でした、うちの方。運動会を見に行った方もあったで
しょうね。うちはお墓参りに行ったんですが、途中で遊園地へ行く親子連れを
たくさんお見かけしました。うちだってあんな時があったんだよ。あの可愛い
かったちいさい子たちはどこへ行っちゃったんだろうなぁ(^m^)。
そうそう、夕方、赤とんぼの群れを見ました。いやもう、すっかり秋ですねぇ。

記事の方は9/9と9/13に撮ったつる性植物。

14_0921_mame_a1.jpg

これは小さいマメアサガオ。
それから、うちの近所で初めて見たヤブガラシの実。






マメアサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属 たぶん北米原産の帰化植物。

14_0921_mame_a2.jpg

2008/9/22付 「マメアサガオなど」

アサガオって名の付く花の中じゃ、一二を争う小さいお花。
花びらが5カ所、きゅっと尖っていることと、おしべの葯が赤いのが目印。

葉っぱは大きかったり小さかったり。

14_0921_mame_a3.jpg

縁が濃い色になって、縁取りみたいに見えることもあったりします。

14_0921_mame_a4.jpg

夏の終わりから目立ちだすかなぁ。そんな感じ。
そっくりさんはホシアサガオ。うちの近くではまだ見つけたことがないけど。



そうそう、このそばでルコウソウを育てているお宅があって、お庭から這い出
ちゃったのをこっそり撮ってきました。

14_0921_ruko_so.jpg

真っ赤なお花に細く裂けた葉っぱ。これがルコウソウですよ。
野生化しちゃったマルバルコウソウとはだいぶ違いますねぇ。

2009/ 8/10付 「マルバルコウソウ」




それから、こちらも民家の壁に下がっていたアオツヅラフジ。

2005/ 9/20付  「アオツヅラフジ」

14_0921_ao_tudura_f1.jpg

実が色付きだしたので、こちらもこっそり撮ってきました。

どうしてなんでしょうね。アオツヅラフジって、壁とか生け垣とかフェンスとか。
人の気配のする場所の方が実の付きが良いです。

14_0921_ao_tudura_f2.jpg

本当は雑木林や薮で撮りたいのに、そういうところでは実の付きが悪くて絵になら
ないんですよ。緑から青に変わるアオツヅラフジの実。この後、極小の巨峰の様な
姿になったら完成です。食べて美味しいものじゃないけれど、薬にするらしいです
よ。




さてさて、いよいよ今回最大のスクープ画像ですよ。私的には大ニュース。
もともと西日本の方では見られていた、結実するヤブガラシ。
温暖化に伴って、だんだん、見られる場所が東へ、北へ移ってきて、最近、
横浜あたりでも見られるようになった…と聞いていました。

ちょっと前(2011年)に、実がふくれたところまでは見ています。

2011/ 8/ 3付 「変わったつる草」

その年は熟す前に刈られてしまったのですが、今年もまた同じ場所へ見に行きまし
た。9/13、いつもおさんぽしている公園の西洋アジサイの植え込みです。

14_0921_yabugarasi1.jpg

アジサイのはの上に広がるヤブガラシの葉。

実が付く二倍体の目印、時々混ざる小葉3枚の葉っぱを発見。

14_0921_yabugarasi2.jpg

期待が高まります。

おお、前回よりたくさんの実が付いています。

14_0921_yabugarasi3.jpg

やっぱり、西日本に多いと言われていた2倍体のヤブガラシがここに生えていたん
ですね。

後は、刈られちゃう前に黒く熟してくれればなあ。熟しているのないかしら?
あちこち探して、やっと1つ見つけました

14_0921_yabugarasi4.jpg

はい、これが ↑ 東日本では珍しいヤブガラシの実です。
私、色付いたのは初めて見ました。記念に載せておきます。




9/13は、いつもおさんぽしている公園で、結構たくさんの写真を撮りました。
これからまた、数回に分けてご紹介しますね。良かったらお付き合い下さいませ。

posted by はもよう at 21:50| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: