2014年10月03日

山路の杜鵑の花

昨日は一日出掛けていて、くたびれちゃってブログはお休みしました。
今日は仕事して来ました。そろそろキンモクセイの香りも薄れて、またひとつ
秋が進んだみたいです。大きな台風がまた接近中とのこと。気象情報に注意し
つつ、週末を有意義に過ごしたいですね。

記事の方は9/23の秋分の日に、いつもおさんぽしている公園で見てきた
ヤマジノホトトギス。

14_1003_yamajino_h1.jpg

この日、ようやく満開になりました。




まず嬉しかったのは、見失っていた土手のホトトギスが無事に咲いていたこと。

14_1003_yamajino_h2.jpg

つぼみチェックに来たときには、見つけられなかったので、刈られちゃったのか
と心配しましたが、今年もお花が見られて感激です。


真上からのショット。

14_1003_yamajino_h3.jpg

今年もたくさん咲いてます。嬉しいなあ。

ぐっと近づいてお花のアップ。

14_1003_yamajino_h4.jpg

めしべおしべがくるりんしていて愛らしい。花びらは若干細めですね。



ちょっと進んで、ヒマラヤスギの下へ。

14_1003_yamajino_h5.jpg

こちらはつぼみもチェックしているので、安心の一枚。

ミズヒキの赤い花穂とも良い感じでからんでいます。

14_1003_yamajino_h6.jpg

まだまだ咲けそうですねぇ。

ひと株にぎっしりお花が並んでいるもの。

14_1003_yamajino_h7.jpg

これ、つぼみの内に一度 茎が折れちゃっていたのですが、枝で補強しておいた
ら咲いてくれました。嬉しいなあ。タネたくさん蒔いておきなねぇ。


ヒマラヤスギの周りを回って、あっちの花こっちの花とたくさん撮りました。

14_1003_yamajino_h8.jpg

葉っぱに落ちるお花の陰も良いなあ。

お花が開いた直後は、まだら模様のめしべも良く開いているのですが、虫さんが
来なかったお花はおしべめしべを一緒に巻いてしまって自家受粉しちゃうそう
です。

14_1003_yamajino_h9.jpg

咲いている途中で、お花の表情が変わるんです。これも、子孫を残す工夫。
ヤマジノちゃんだって、いろいろ頑張っているのよね。

14_1003_yamajino_h10.jpg

ブローチみたいなお花を見つけたよ。胸に飾りたいような素敵なお花です。
翌日も行って、更に写真を撮りました。特に、雑木林ゾーンじゃない所に芽を
出しちゃった イヌツゲの下の株が、踏まれやしないかと心配です。



移動中の道端には別の秋の草たちがスタンバイ。

14_1003_gen_shoko1.jpg

一度草刈り隊が通ったけれど、復活し始めたゲンノショウコ。



つぼみを確認したアカネ。

14_1003_akane1.jpg

まだだね〜って思いながら撮ったけれど、パソコンで拡大するとひとつふたつ
咲いてました。

14_1003_akane2.jpg

解る? 解らないか。 黒いおしべのヤクが見えてるけれど。
もうちょっと見やすいアングルで撮ってきます。


お花の季節になると、葉っぱがみすぼらしくなっちゃうノコンギク。

14_1003_nokon_g.jpg

つぼみが目立ってきました。いつ頃咲いてくれるかな?


そして、草刈り隊に刈られなかったゲンノショウコ。

14_1003_gen_shoko2.jpg

咲いてたよ。可愛いよ。これからますますたくさん咲くよ。楽しみだね。



翌日に撮ったヤマジノちゃんも見ていただきたいけれど、その前に
秋分の日に撮った他のお花も見ていただこう。次回は別のお花です。



posted by はもよう at 23:25| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: