2014年10月04日

紫苑の花

今日は朝のうち ちょっとだけお日様がのぞいたけれど、結局、後は曇り。
明日は雨になりそうだから、今日のうちに洗濯、掃除。ついでにいつもの公園の
おさんぽにも行ってきました。ありゃまって言うほど、草刈りが徹底的になされ
ていて、地面の方には見るべきものがほとんど残っていませんでした。
ま、そういうときは上を向いて歩けば良いんですけどね。

記事の方は秋分の日の木、草と来て、花だんの花。

14_1004_sion1.jpg

ジンジャーと一緒に撮ったシオンのつぼみ ♪ 綺麗に咲いていましたよ。





秋のお庭で、背が高くて、紫色のお花をたくさん咲かせるキク科のお花。

2014/ 9/27付 「公園樹の秋」

14_1004_sion2.jpg

シオン。漢字表記の「紫苑」も素敵でファンの多いお花ですよね。

秋に咲く紫のキク科のお花は多いけれど、すらっと背が高いところと、

14_1004_sion3.jpg

紫色のお花がたくさん咲くところが魅力的。
もうちょっとつぼみがあるから、いっぱい咲いて欲しいな。
花だんのお花なので、なかなか花後まで見られないかもしれませんが、目立つ
綿毛になるのがシオン属の印。残っていたらご注目下さい。



シオンのそば、ナンテンの下に、今年はなぜだかヒガンバナのつぼみが出まして、
今までこんなとこに咲いたかな?と思いつつ写真を撮っておきましたが、

14_1004_higanbana1.jpg

この日は無事、満開を迎えました。
ちょっと窮屈そうですが、鮮やかな赤い色が素敵です。

今年は、どうしたわけか、白花の元気がありません。

14_1004_higanbana2.jpg

以前はもっとたくさん咲いたのに、今年はやっとこれ1本。
しかもまだ、咲いてないし。なんのせいかな?



この翌日もヒガンバナはたくさん撮ったけれど、こちらは家の近所。

14_1004_higanbana3.jpg

いつもの4本が咲いて…あれ?…咲いて…。パソコンで拡大してみると…

14_1004_imomusi.jpg

うわあ、イモムシ付いてる。毒ないのかな?美味しいのかな?お花食べてるよ。
葉っぱがだんだん固くなったり、枯れてきたりすると、花びらを食べる虫さんが
増えるのかな?ご馳走に囲まれて幸せね。大きくなったらなにになるのかなぁ。



秋に咲くシュウメイギク。キクって名前に付いているけれどキンポウゲ科。
キクよりアネモネに近い種類。そういえば似てるかな?
英語の名前は日本のアネモネと言う意味。あら、日本代表?(^m^)

14_1004_shumei_g1.jpg

近所の花だんにはピンクの(秋明菊)。

2010/10/30付 「秋明菊が咲いたよ」
2005/10/27付 「綿毛いろいろ(花だんの花のその後)」

綿毛も魅力的なんだけど。

14_1004_shumei_g2.jpg


とりあえずまだ咲き始めたばっかり。

14_1004_shumei_g3.jpg

つぼみも可愛いよね。
基本色はピンクらしいけれど、白いのも良いよねぇ。

近所の花だんのシュウメイギク。

14_1004_shumei_g4.jpg

もうちょっと咲いてるかな?



次に記事はたぶん、9/24に撮って来た写真。ヤマジノちゃんやヒガンバナを
もうちょっと撮ってみたり、あれやこれやをまた数回に渡ってご紹介します。



posted by はもよう at 22:10| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: