2014年10月08日

キンモクセイ満開

今日は一日良いお天気。ちょっと雲が多くて、今夜の皆既月食が見られるかどうか
心配ですが、暑くもなく寒くもない快適なお天気でした。

記事の方はいよいよ10月の写真。10/1に隣町の公園で撮ってきた写真から。

まずはなんといっても、やっと満開になったキンモクセイ。

14_1008_kinmokusei1.jpg

だいぶじらされましたからね。たくさん撮りました。





お花って、やっぱり咲いたばかりの方が香りが高いのかな?
↓ こちらはそのちょっと前に、香ってきたな〜と思って撮った9/27のキンモクセイ。

14_1008_kinmokusei2.jpg

よくよく見るとまだ、お花が開ききっていないのですが、香りの方はもう一人前。

見上げるような大きな木の下で腕いっぱいに伸ばし写真を撮っていたら通りがかり
のおじさまに、「これはなんという花ですか?」と聞かれました。お答えしたら、
「こんなに大きくなるものですか?」って驚かれてました。

14_1008_kinmokusei3.jpg

ええっと〜、我が街のキンモクセイは 見上げるような大きなものが大半ですが、
お気づきじゃなかったんでしょうか?
意識しないと、いくら沢山あっても目に入らないのかなぁ。不思議です。(^m^)



そうそう、10/1のおさんぽです。この日はそこそこ風もあって、それからおさんぽ
の時間があんまり取れなくて、ピンぼけ量産、あんまり良い写真がなくてちょっと
残念さんぽでした。

14_1008_kinmokusei4.jpg

でもね、キンモクセイの香りに包まれて、気分は晴れ晴れですよ。


そして、件のおじさまにお見せしたいほどの大きなキンモクセイも咲いてます。

14_1008_kinmokusei5.jpg

山みたいなキンモクセイが一斉に咲いてるんだから、いや〜、贅沢贅沢。
良い香り。

14_1008_kinmokusei6.jpg

そう言えば、一時流行ったキンモクセイの香りのトイレの芳香剤、最近は売って
いませんね。あのころ、小学生がキンモクセイの下を「トイレの匂い〜」って
言いながら通っていったっけなぁ。罪なことをしたものです(^^;)。

14_1008_kinmokusei7.jpg

こんなに咲いてもキンモクセイ、日本に渡ってきたのはほとんどがおばなで、
めばなは遠い中国。いくら咲いても思いは届かない、片思いのお花です。
頑張れ、キンモクセイ。



公園の裏の北向きの斜面では、ヤブツバキの実が弾けてタネが散り始めました。

14_1008_yabutubaki1.jpg

赤くなった実が、弾けると中から茶色いタネが出て来ます。

タネからは、日本人の皮脂によく似ている椿の油がとれます。

14_1008_yabutubaki2.jpg

お相撲さんの鬢(びん)付け油から、ご婦人の黒髪の保護まで。いろいろ役に立って
くれる椿油。私もお世話になっています。(^^*)ありがとね。



ちょっとぼけちゃったけれどオトコヨウゾメ。

14_1008_o_yozome1.jpg

枝の先の実が赤く色付きだしました。

まだ黄色いのもちらほら。

14_1008_o_yozome2.jpg

今度はちゃんと撮ってこよう。


秋深まって動き出したのはシロダモです。

14_1008_sirodamo1.jpg

去年受粉した実が赤く色付きだしました。
一年中、代わり映えしないような常緑樹ですが、これから花と実を一度に目立たせ
一年でいちばんに華やぐ季節を迎えます。

14_1008_sirodamo2.jpg

オスの木とメスの木に分かれるシロダモですが、お花はオスの木の方がたくさん
咲きます。メスの木はお花の前から赤い実が並びます。今年の花はこれからです。



秋深まったなあ。

14_1008_sakura.jpg

公園の地面に落ちるサクラの葉も、赤さを更に増しています。
紅葉美術館、各地で展覧会を開催中ですぞ。



次の記事はたぶん、道ばたの秋の草たちを。


posted by はもよう at 18:01| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: