2014年10月11日

公園樹の秋

今日は薄曇りつつの晴天。西の方の台風の動きを気にしつつ、洗濯したり、台所の
掃除をしたりして過ごしました。おさんぽは、明日以降に行きたいと思います。
とりあえず連休中に秋の大掃除をしておきたくて。動きやすい季節に面倒な家事を
片付けたいのでね。(^^*)

記事の方は、10/4にいつもおさんぽしている公園で撮ってきた写真から。

14_1011_katura01.jpg

秋色深まりつつある公園の様子を見ていただきましょう。これは桂の木です。






赤く芽吹き、赤く咲き、爽やかな緑の葉っぱを茂らせてきたカツラの木にも
秋の気配。

14_1011_katura02.jpg

生乾きの落ち葉がお砂糖を焦がしたような匂いを放つ、香づる木カツラ。

水辺が好きな木で、公園でも池のほとりにたくさん植えられています。

14_1011_katura03.jpg

基本はレモンイエローに色付くんですが、たまにちょっと赤みを帯びることも
あって、池のお水にすてきな紅葉姿を写します。

低木の植栽から にょきっと出て来ちゃったこのカラフルな幼樹もカツラです。

14_1011_katura04.jpg

春の新芽時にも、赤く色付いていたものねぇ。



春に咲いて、夏に返り咲いて、猛烈に茂っていた藤棚にも秋の気配。

14_1011_fuji1.jpg

葉っぱが黄色くなってきました。

葉っぱの陰には長いお豆のさやも下がり始めました。

14_1011_fuji2.jpg

煮ても焼いても食べられないお豆のさや。
時期が来たら自力で弾けてあたりに散ります。フジのお豆はそこそこの発芽率。
そして、ちょこっと困るほどにあたりにからみついて育ちます。



空振りの甘い香りじゃなくて、樹液が甘いのはこちらのサトウカエデ。メープル
シロップを採る木です。

14_1011_sato_k1.jpg

一足早く オレンジ色に色付き始めました。

緑の葉っぱがこんな風に色付き始めます。

14_1011_sato_k2.jpg

↑ これは裏から見たところで

↓ 表から見るとこんな色。

14_1011_sato_k3.jpg

そして根元にはたくさんの落ち葉。

14_1011_sato_k4.jpg

ほら、カナダの国旗の真ん中に有る葉っぱと同じ形でしょ。

いつもおさんぽしている公園にはもっとたくさんのサトウカエデが植えられていた
のですが、残念ながら、ここ数年で次々に枯れてしまい、とうとう1本だけになり
ました。
来年も見られるかどうか解りません。最後の1本、どうか末永くここに立っててく
ださい。(-人-)お願いします。



ユリノキは更に黄色く

14_1011_yurinoki.jpg

ハナミズキの葉っぱと実は更に赤く。

14_1011_hanamizuki.jpg

公園の秋は、ひと雨ごとに深まっています。


あとは台風が悪さして行かなきゃいいけど…。
風の強い日にの公園では倒木、枝の落下に十分ご注意下さい。

次の記事はたぶん、同じ日に見かけた草について。





posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: