2014年10月13日

おなじみの紅葉

今日は朝から雨でした。だんだん、だんだん強くなって、いよいよ台風の影響
かな?と思いました。お天気が荒れ模様になる前にベランダの鉢を止めたり、
買い物に行ったりしました。後はお家でおとなしく、久しぶりにお裁縫したり
して過ごしました。一番荒れる時間は夜中かな?何事もないようにお願いします。

記事の方は10/4に近所の公園で撮ってきた写真から。

14_1013_sakura.jpg

おなじみの木々の紅葉。まだ枝先の一部で始まったばかりですが、その様子を
確認して回りましょう。





まずはコブシ。薄い黄色に色付きます。

14_1013_kobusi.jpg

紅葉する前にもう、来年の花の芽が用意されています。
春になったら一番に咲かなきゃならないものねぇ。準備万端。



隣はエゴノキ。葉っぱには特徴はないし、紅葉もはっきりしないけれど、

14_1013_egnoki.jpg

枝の途中にこんな実が下がっているから解ります。



こっちも薄い黄色。イヌシデです。

14_1013_inuside.jpg

しめ縄に下げる和紙の飾り、四手(しで)に似ている実も付いているのですが、
ここには写っていません。



葉脈が綺麗にそろっているのはクマシデの葉。

14_1013_kumaside.jpg

黄色く色付き始めました。
シデ三兄弟の中でも一番立派な実が下がっていました。



赤く色付いたのはキブシの葉っぱ。

14_1013_kibusi.jpg

はっきりと紅葉する木ではないけれど、時々こんな風に渋い秋の色になります。
枝の先には来年の花芽。



低木のニシキギも、だんだん鮮やかに色付いてきました。

14_1013_nisikigi.jpg

本領発揮。これからますます赤くなるねぇ。



そうそう、キンモクセイが散ったんだから、そろそろ次のモクセイの花が咲いてる
かも…と、見上げてみたら、ヒイラギモクセイが咲いていました。

14_1013_h_mokusei.jpg

まだこれだけだけれど咲いてます、良い香りもしています。ヒイラギモクセイは
生け垣の良く用いられる木だから、トゲトゲした葉っぱの生け垣のそばを通るとき
に良い香りがしたら、葉っぱの陰にお花が咲いているかもしれないですよ。



ヒイラギモクセイ咲いて…次はなにかな?なんておさんぽを続けていくと、
あらま、サザンカが咲いてる。

14_1013_sazanka1.jpg

さすが、早咲き。もう咲いちゃうんだ。早いなあ。
他のサザンカはまだですよね。

外側がピンクで、中の花びらは真っ白。

14_1013_sazanka2.jpg

ふんわり丸く八重咲き、可愛いでしょう。

品種名は解らないんですけどね。この公園でずっと咲いてます。

14_1013_sazanka3.jpg

サザンカやツバキを撮るのって難しいんですよね。お花は鮮やかで、葉っぱは
暗かったり光ったり。光のコントラストが強くて。

逆光も良いかな。

14_1013_sazanka4.jpg

サザンカなんて、木枯らしとセットで思い出しちゃうような花ですよね。
ここのところの台風ラッシュが終わったら、どんどん寒くなっちゃいますよね。
日の暮れるのも早くなるし。



明日の台風の影響はどんなかな?
記事の方はたぶん、おなじみの木をもう一巡り。紅葉とか木の実とか、いろいろ。



posted by はもよう at 22:06| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: