2014年10月16日

河原の野草

今日も朝は冷え込みましたが、日中は良く晴れて日差しが暑いくらいでした。
今日は、両親の用事で実家へ。久々に兄弟とも会えて賑やかでした。帰りが遅く
なっちゃったので娘に連絡して夕飯を作ってもらいました。子どもが大きくなると
こういう良いことがあるねぇ。良かった良かった。

さて、記事の方は彼岸花を撮った、とある河原のその後。

14_1016_susuki.jpg

台風が通り過ぎて濁流は落ち着いたけれど、水量はまだ多いまんまの流れとススキ。
もう災害に遭う心配もなさそうだから、ちょっとだけ河原の野草を見てみましょう。






一面に咲いていたヒガンバナは倒れて、葉っぱが出て来ました。

14_1016_higan_b.jpg

辺りを見回し、ちらほら咲いている花にカメラを向けてみました。

ゲンノショウコに…

14_1016_gen_shoko.jpg

相変わらず可愛いなあ。

野菊も咲いてます。

14_1016_nogiku1.jpg

これはもう絶対カントウヨメナと思って撮ったんだけれど…

あれれ?お花をひっくり返してみると

14_1016_nogiku2.jpg

そり反る総苞片はユウガギクかな?



たくさん咲いていたのはアザミの花。

14_1016_nohara_a1.jpg

秋に咲くのはノハラアザミだけれど

ノハラアザミで良いのかな?

14_1016_nohara_a2.jpg

ちょっと反り返る総苞片はノハラアザミの特徴。

14_1016_nohara_a3.jpg

でも、葉っぱ…こんなんだっけ? ちょっと自信がないです。

14_1016_nohara_a4.jpg

それにしても綺麗な色だなあ。

14_1016_nohara_a5.jpg

可愛いアザミ。今年もじっくり鑑賞。


まあ、なんて名前だって良いのよ、蜜さえ美味しければねってセセリたんの声。

14_1016_i_seseri.jpg

イチモンジセセリが来てました。



今年はこの河原で、ハグロソウに会えなくて残念でした。
また次の機会をねらいます。



さあて、次回は何にしようかな?


posted by はもよう at 23:59| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
お嬢様、しっかりなさっていますね。
常日頃からお母様のお手伝いをされているから、
緊急時にもきちんとお母様のかわりがおできになるのですね。
はもようさんの今までの教育のたまものです。
やはり、毎日の積み重ねですよね。
少しずつの積み重ねが力になるんですねぇ

最初のお写真、水が冷たそうな色をしています。
秋の風景ですよね。
どんどん寒くなりそうです。
アザミのお花、こちらでも2種類咲いていますが、
よくわかりません。
アザミは日本に100種以上あるみたいですね。
まぁ近くに咲いているのは代表的な子たちでしょうから、
その子たちだけでも知りたいと思っているのですが・・・
Posted by ブリ at 2014年10月17日 12:58
ブリさん、こんばんは。

娘のこと、褒めてくださってありがとうございます。
一応、成人しているので、時々は主婦のまねごとさせて、
ちゃんとお嫁にいってもらわねば。
でも、現実は、色々と発展途上。引き続き精進してもらわねば(^m^)

川のお水が冷たそうになりましたよねぇ。
ブリさんのお写真も、涼しげからだんだん、寒そうな景色に
なってきましたねぇ。
暖かくしてお過ごし下さいね。


アザミは、その土地特有のお花が多いそうですから、
まずはご当地を知るところからですかねぇ。

100種類以上だなんて、ちょっと気が遠くなりますね(^^A)。
Posted by はもよう at 2014年10月18日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: