2014年10月25日

クサギの実

今日は申し分ない晴天でした。そして、年に一度の市民祭。一日中、たくさんの
人が出て賑やかでした。今年も娘と一緒に周って来ました。楽しかったですよ。

記事の方は10/15に隣町で撮ってきた写真の最終回。

14_1025_gamazumi1.jpg

前に載せた写真は「日陰の林」のもので、こちらは園内の若いガマズミの実。
それから、前回来たときにはピンぼけしちゃったクサギの実を撮りました。




10/22の記事、最後のムクノキから歩いてちょっとの、隣町の公園内。
比較的若いガマズミがあって、お花の時にも撮っていますが、実が付いたのでまた
見に行きました。

14_1025_gamazumi2.jpg

実のアップじゃ、わかんないですよね(^m^)。でも、今年も順調そう。良かった。




それから、おさんぽは進んで「北向きの斜面」の中程。前回(10/10の記事)
撮ろうとしてピンぼけしちゃったクサギの実に再チャレンジ!

14_1025_kusagi1.jpg

ほら、いっぱい実が付いているでしょう。

でもこの場所、風の通り道で、枝がずっと揺れているんですよ。

14_1025_kusagi2.jpg

風がちょっとでもおさまるチャンスをじっくりねらって、今度はちゃんと撮れ
ました。

赤いガク(萼)の中から、ちょっとずつ色合いの違う青い実がのぞいています。
素敵だなぁ、クサギの実。

14_1025_kusagi3.jpg

再チャレンジ成功です。良かった良かった。
お花の時にも自家受粉しないよう工夫していたクサギの花。ガク(萼)を赤く、
実を青くしたのも、鳥さんたちにより目立つようにとの工夫だそうです。
いろいろ考えてるねぇ、クサギさん。感心しちゃうわぁ。



ここからもう一度、園内に戻って3カ所目のガマズミの所へ…行く前に、
クコの花発見!

14_1025_kuko.jpg

ちっちゃいナス科のお花。紫色が綺麗ですよね。実は真っ赤な液果です。
中華料理に入ってることもある、不老長寿の妙薬ね。実も撮れると嬉しいなぁ。
また見に来よう。



でもって、隣の草むらでこんな渋い色の葉っぱを見つけました。

14_1025_o_butakusa1.jpg

綺麗な暗紫色。実かな花かな? 草もみじかな?

隣にこんな穂があって…

14_1025_o_butakusa2.jpg

更に向こうに、見慣れた姿。なんだ。でかくなるから嫌われる、雑草の定番、
オオブタクサじゃないの。

14_1025_o_butakusa3.jpg

へぇ、オオブタクサって、秋になるとこんな赤くなることがあるんだ。
知らなかったなあ。発見だわ。



さてさて、このシリーズ最後の写真は、台風に一番太い幹を折られちゃった
古株のガマズミ。

2012/ 7/ 8付 「ヒメコウゾの実」

14_1025_gamazumi3.jpg

2年たって、結構、復活してきました。

14_1025_gamazumi4.jpg

今年もどっさり実をつけたよ。

霜がおりる頃、甘くなるんですって。鳥さんたち、もうすぐだよ。

14_1025_gamazumi5.jpg

紅葉自慢の木でもあるんですよね。
いよいよ秋も深まっっちゃうんだなあ。窓から見える景色も、だいぶ赤くなって
きたもんなぁ。



次回は家の近所の街路樹の、いろんな表情を見ていただく予定です。


posted by はもよう at 23:18| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: