2014年11月01日

庭の小菊

3連休一日目の今日は終日、小雨が降ったり止んだりしていました。ずっとこんな
お天気かなとあきらめていましたが、天気予報を見るたびに良い方へ変わっている
ので、最終日には晴れの特異日らしい晴天を期待したいところです。

記事の方は、近所の花だんで見かけた小菊を色とりどりにご紹介します

14_1101_fujibakama1.jpg

と、言いつつ一枚目は白いシュウメイギク(キンポウゲ科)とキク科のフジバカマ。





10/15付の記事で一度ご紹介していますが。あの後、更に見事に咲きました。
花盛りです。

14_1101_fujibakama2.jpg

とは言ってもこの程度の渋めのお花。でもね、フジバカマのチャームポイントは
お花ばかりじゃないんです。葉っぱが、桜餅の香りなんですよ。昔の人は秋に嗅ぐ、
桜葉の香りをめでたそうです。



さて、菊です。まずはノコンギクよりちょっと園芸品種っぽいこちらは、たぶん
ですが、コンギクかな?と。

14_1101_kongiku1.jpg

ノコンギクとそっくりなんですが、紫の濃淡で、花だんに一緒に咲いていました。

14_1101_kongiku2.jpg

ノコンギクと違うなと思ったのは、やはり花を裏返したとき。

大体一緒なんですが、端っこに色が入ってますでしょう。

14_1101_kongiku3.jpg

まあ、私まだ、コンギクの正解を見たことがないので、’たぶん’付で、これは
コンギクでしょう。


その隣から、小菊がたくさん咲いていました。

14_1101_kiku1.jpg

赤いの ↑ に、ピンク ↓

14_1101_kiku2.jpg

ガク(萼)っぽいところが半透明になっているのが、花だんの花、キク科キク属の
お花の特徴。…あ、花だんで見かけることが多いってだけで自生種もありますよ。
野原のキク科キク属ってことね。

園芸種だと、品種とか解らないのでただ並べるしかできませんねぇ
白いの、↓ これはつぼみまで白いの。

14_1101_kiku3.jpg

↓ こっちは、つぼみは赤いの。

14_1101_kiku4.jpg

花だんで咲いていたり、切り花で売っていたりするのはたいていこの菊ですよね。

14_1101_kiku5.jpg

菊も、良い香りがしますよね。昔の人は一晩綿を抱かせて香りを移し、それを
ふところや袖に忍ばせて香りを楽しんだそうですよ。


ラストは、もうほとんど散っちゃった西洋ホトトギス。

14_1101_s_hototogisu.jpg

残念ながら、品種までは解りませんが、とても綺麗なので撮りました。
もうすぐみんな実になっちゃいますね。
自生のホトトギスはこれからタネを蒔きますが、人が作り出した品種はタネが
出来ないものも多いです。花だんからの逃げ出し組を作らないためにはそれも
良いかもしれませんね。



次は10月末のおさんぽ写真から。果樹の木やらなにやらご紹介する予定です。

posted by はもよう at 21:32| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: