2014年11月10日

つるの途中の実

今日はとっても良いお天気。明日はまたぐずつくって言う予報だからなおのこと
青空が有り難く見えました。紅葉はどんどん進んでいますね。イロハカエデも枝先が
だいぶ赤くなってきました。

記事の方は11/8に隣町で撮ってきた写真から。今回もつる性植物を取り上げます。

14_1110_karasu_u1.jpg

前回は妙に細いのを見かけたカラスウリ。今度は立派だけれど相当遠い場所に下がって
います。





カラスウリって人気なのか、手が届くところに下がると たいてい誰かに採られちゃい
ますよね。でも、スズメウリなら誰も欲しがらないから…大丈夫かと思いきや、大事に
もされないから、草刈り隊が通れば容赦なく刈り取られちゃいます。

通るたびに観察していたあたりに手が入った形跡を見つけて、あわてて探しました。
間違いなく草刈り隊が通ったんですが、逆に、白くなったスズメウリの実を目立つよう
に植え込みに上に出してくれました。ラッキー ♪

14_1110_suzume_u1.jpg

ほら、いよいよ白くなったスズメウリ。小さいんですよ。スズメの卵に似ているそう
ですが、真珠のネックレスくらいの印象ですかね。

丸くて白い瓜。

14_1110_suzume_u2.jpg

熟しすぎて乾燥気味になると、ぺしゃんこに潰れて畳んだ提灯みたいになります。
それはそれで面白いけれどいつまで見られるかな?

14_1110_suzume_u3.jpg

前回ご紹介した場所の実は、まだ、緑色。もうちょっとの間、つるを片付けるの待って
くださいねぇ。



草むらに青い実発見。アオツヅラフジです。

14_1110_a_tudura_f.jpg

綺麗な青い実。今年なかなか近くで実を見つけられなかったから、会えて良かった。



公園の奥、前回細長い実を見つけたそばに、また、別の実を見つけました。

14_1110_karasu_u2.jpg

ほら、木の両脇にカラスウリ。

それからこちらには…いくつあるのかな?

14_1110_karasu_u3.jpg

ひと目に7個のカラスウリ〜。うわあ、欲しいなあ。でも近づけないよぉ。
写真で我慢です。もうちょっと赤くなれるかな?葉っぱがみんな落ちたら、もっと、
たくさん実っているのが解るかもねぇ。



カラカラだけれど、これも実です。オニドコロの実の殻。

14_1110_o_dokoro.jpg

中からタネがこぼれた後だけどね。



それから、実って言うよりむき出しのタネ。白いおひげのセンニンソウの種髪が、
ふわふわ目立ち始めていました。

14_1110_sen_nin_s1.jpg

雪が積もったみたいに真っ白く咲いていたけれど、今度の白はちょっと透けてます。

ふわふわの種髪を仙人の白いヒゲに見立てたって言う名前の由来説があるそうですが、

14_1110_sen_nin_s2.jpg

ここから仙人って…かなり想像力豊かなんじゃないかな。
センニンソウは園芸種のクレマチスに近い仲間。クレマチスも、花後は綿毛になるん
ですよね。
野生のクレマチス、センニンソウ。今年の綿毛が撮れてラッキーでした。
すぐ散っちゃうんで、タイミングが合わないと撮れないんですよ。11/8におさんぽに
行って良かった。



さて次はたぶん、晩秋に咲く木の花を見ていただこうかな。
アレとアレが咲いてましたよ。

posted by はもよう at 23:29| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: