2014年11月11日

シロダモと柊の花

今日は一日中どんよりしていて、ときおり小雨もぱらついて、とにかく寒かったです。
もうすっかり晩秋の風情。日が暮れるのも日に日に早くなっているし、気分も湿りが
ちになりそうですよねぇ。元気だそう。p(^へ^)

記事の方は、11/8に隣町で撮ってきた写真シリーズの続きです。
まずは「日陰の林」のシロダモ。

14_1111_sirodamo1.jpg

大きな常緑樹が薄黄色のお花で賑わっていました。





一枚目の写真じゃさすがに解らないですよね。
もうちょっと近づいて…

14_1111_sirodamo2.jpg

葉っぱの付け根の赤い実は前回のおさんぽでも見かけていましたが、この日は薄黄色の
お花も咲きそろって 更に華やか。

一年中、地味めな常緑樹の、年に一度の晴れ姿ですよ。

お花が密集しすぎてポンポンがブラシみたいに見えているのがオスの株のおばな。

14_1111_sirodamo3.jpg

おしべを精一杯に伸ばして、花粉を出していますね。

去年の実を赤く染めて、今年の分を地味めに開いているのがメスの株のめばな。

14_1111_sirodamo4.jpg

今、めばなが付いているところに一年後また、赤い実が並ぶんですね。
花と実を一緒につける。シロダモが、長い年月をかけて決めたライフスタイルです。
花は風媒花ではなく、虫が花粉を運びます。お花の種類が減る晩秋にこれだけ咲いて
くれたら、虫さんたちも大喜びでしょうね。写真を撮っている間にもハチさんたちが
来ていましたよ。




おさんぽを続けて、「北向きの斜面」の反対側近く、斜面のてっぺんにヒイラギが
立っているのを思いだして、お花を見てきました。

14_1111_hiiragi1.jpg

初雪でも降ったかなってくらい白く、びっしりと咲いていましたよ。

お花の周りの葉っぱを見て、え?って思うでしょうね。

14_1111_hiiragi2.jpg

だって、ヒイラギらしい葉っぱがどこにも見えないから。

お花は、ギンモクセイ、キン、ウスギ、ヒイラギモクセイ…と続いてきたモクセイの
仲間らしい、4つに分かれた花冠に2つのおしべと言うデザイン。ええ、モクセイの
花リレーの最終走者ですからねぇ。

14_1111_hiiragi3.jpg

でもって、この、特徴の無い葉っぱ。なんの木かなって思いますよね。
私もだいぶ悩みましたもの。

あ、ただし、この木は下の方にちゃんとヒイラギらしい葉っぱが付いているので、
大丈夫ですけどね。

14_1111_hiiragi4.jpg

ヒイラギの葉っぱがトゲトゲしているのは、若木のうちだけだそうです。

年を追うごとに、葉っぱのトゲトゲが減って、老木になると先のとんがりさえも消えて
ほぼ丸っこい小さな葉っぱだけになっちゃいます。
いつもおさんぽしている公園の老木がまさにこれで、なんに木か解らずにさんざん
悩みましたよ。
トゲトゲしていなくてもヒイラギです。花盛りでした。

14_1111_hiiragi5.jpg

これとは別にクリスマス・ホリーと言う名で園芸店で売られている、トゲの少ない
赤い実が付くヒイラギがあります。こちらはなんとモチノキ科で、赤の他人の関係。

クリスマスと言えばヒイラギって言うイメージがありますが、じつは、写真のような
日本のヒイラギにつくのは黒い実で、赤くないんです。クリスマス用はモチノキ科の
クリスマス・ホリー。こちらのヒイラギは、節分の時にイワシの頭と一緒に戸口に
飾る方が向いているようです。



次は野菊をまた見ていただこうかな。また、同じ様な写真にはなっちゃうけれど、
またたくさん咲いていたのでね(^m^)。



posted by はもよう at 23:12| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: