2014年11月21日

シロダモのめばな

今日は昨日とはうって変わって穏やかに良く晴れました。
雨上がりの朝は空気がしっとりして、風邪気味で喉の痛い人が多かったから、ちょっと
ほっとしたんじゃないかしら。風邪ひきさんが減ると良いですね。日中は良く晴れて、
日向は暖かいし、洗濯物はよく乾くし助かりました。カラカラ天気も困るけれど、
それでもお日様の光は有り難いです。

記事の方は、この時期、被写体が少ないから、何度も載せちゃうシロダモの花と実。

14_1121_sirodamo1.jpg

なかなか撮れないお花のアップを撮ろうと頑張ってみました。





いつもおさんぽしている公園の向こうの、雑木林の更に向こうに猫の額ほどの林が
有ります。まあ、林というのもはばかられるくらいの規模ですが(^^;)。
そのわずかばかりの木立に中にもシロダモがあります。

14_1121_sirodamo2.jpg

こんな感じ。いや、どんな感じか解るかな?


奥の方がシロダモ。薄黄色いのはおばなです。

14_1121_sirodamo3.jpg

手前の赤い葉っぱはたぶんカマツカ。


葉の付け根で3本の葉脈が目立つのがシロダモの葉っぱの特徴。

14_1121_sirodamo4.jpg

芽吹き時の新芽にも特徴があるんですけどね。

シロダモのオスの株にはブラシみたいにたくさんのおばなが付きます。

14_1121_sirodamo5.jpg

おばなは散っちゃえば何も残らないから、この後はずっと常緑の葉っぱだけ。


それに引き替えメスの株には実が付くから、お花の季節じゃなくても解る…のが
普通。

14_1121_sirodamo6.jpg

ただしシロダモは、去年受粉した実と今年の花を、ほぼ同時期に目立たせるから、
やっぱりメスの株もこの季節を過ぎるとただ常緑の葉っぱだけ。

こちらがシロダモのメスの株。

14_1121_sirodamo7.jpg

枝の先の方に今年の花、元の方に去年受粉した実。一年越しでやっと赤くなりました。

今年もピンぼけを量産しました。あんまり鮮明には撮れなかっためばな。

14_1121_sirodamo8.jpg

こーんな感じです。おばなほど密集するわけでも無く、白く目立つのはめしべかな?



足元にはコノシロセンダングサ。

14_1121_k_sendan_g.jpg

今年はずいぶんあちこちで見ます。白い舌状花のあるセンダングサです。


頭上にはクヌギの葉っぱ。

14_1121_kunugi.jpg

だいぶ黄色くなって来たなぁ。



それから、茂みには野良ナンテンの赤い実。

14_1121_nanten.jpg

公園の花だんとかのよりよっぽど元気なのびのびしたナンテンです。


次の記事はナンテンがある方の、ちょこっと小戻りした所の雑木林から、
赤い葉っぱの木などを見ていただいて…その後はつる性植物とかとか。



posted by はもよう at 23:42| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: