2014年11月24日

砂糖楓の紅葉

三連休最終日の今日は、朝から雲が多くてはっきりしないお天気でした。それでも
近くのホームセンターへ行って買い物をしてきました。ケヤキ並木の葉っぱもだいぶ
落ちて、空が透けて見えました。日が差さない分、景色は寒々していましたが、日中の
気温はさほど下がりませんでした。でも、明日からはお天気下り坂でうんと寒くなる
そうです。明日はマフラーが要るかな〜?

記事の方は11/9の写真の最終回。ヒイラギやビワの花を見て、公園の先の雑木林で
色とりどりのつるの葉っぱを眺めた後は、いつもおさんぽしている公園に戻って、残りの
半周を回りました。

14_1124_tamusiba1.jpg

いつもおさんぽしている公園のタムシバ。コブシのそっくりさんです。





日本海側の方に多く自生するそうで我が家周辺ではあまり見かけません。私の知る限り
では、近所ではここ、いつもおさんぽしている公園に数本だけ。

14_1124_tamusiba2.jpg

コブシよりはちょっとスマートな葉っぱとお花です。葉っぱはもう黄色くなって散る
ばかり。お花の芽が枝先に準備されていますが、開くのは春になってから。
来年はどんな年になるかしら?



しばらく歩いて、山野草の花だんがあった場所へ。

過去形なのは、最近、手入れがされなくて、山野草といえるものが無くなっちゃった
ためで、花だんは残って居るんです。
ちょうど良い感じの影を落としていたクスノキも強剪定されてますます山野草には育ち
にくい環境に(^^;)。

14_1124_tuta.jpg

でも、そのクスノキの幹にびっしりナツヅタがからんで紅葉して
ました。向こうの雑木林でさんざん見てきたけれど、いつもおさんぽしている公園にも
赤いツタの葉はあるんだよぉ…と言うことで一枚。



ただでも少ない野草系の花だんメンバー ノコンギクの上に、剪定した枝を大量に置い
ちゃったから、いつもならたくさん見られるのに、今年はこれだけ。

14_1124_nokon_g.jpg

うーん、かわいそうに。来年はたくさん咲けると良いね。頑張れ〜。

と、ここで、ふと足元を見てあわてました。毎年撮っているキチジョウソウが、もう
咲いてる〜\(><)/。

14_1124_kitijo_s.jpg

よく見ると、もう終わりかけ〜。あわてて、咲き残りにカメラを向けました。
キチジョウソウの群落は、毎年大きくなってお花もたくさん咲いたようです。

良いことの前ぶれという名を持つキチジョウソウ(吉祥草)。このお花を見ると良いことが
起こるそうですが、まあ、丈夫で良く殖えて、毎年どっさり咲いてくれます。
ちょっと…希少性という点では難有りですが、まぇ、良いでしょう。きっとありますよ、
良いこと。うん、キチジョウソウが咲いたんだもの。




外国産の木が立ち並ぶエリアでは、あまりなじみのないどんぐりが落ちています。

14_1124_pin_oak1.jpg

オークのどんぐりです。カタカナのキの字の様な葉っぱはピンオーク。
ブナ科コナラ属、北アメリカ原産の落葉高木です。

14_1124_pin_oak2.jpg

枝に残っている葉っぱはこんな風。あ、どんぐりも写り込んでますね。
ドーム状って言うか、まん丸の半分って言うか…日本のどんぐりには無い形。

隣に写り込んでいた大きい葉っぱは隣のオーク。たぶんレッドオークだ思います。

14_1124_red_oak.jpg

こちらの方がカシワの葉っぱに似てますけどね。
こちらの方がどんぐりも大きくて立派なのですが、夏のうちに落ちちゃうのと、
今年の実りが少なかったのもあって、この日は拾えませんでした。
紅葉自慢の木なので、今度また見に来ようと思います。



木立の間を抜けて芝生広場へ。相変わらず11/9の天気はいまいちで人影もほどほどです。
芝生広場の日当たりの良い場所に立っているのはアメリカハナノキ。
別名のベニカエデに納得の紅色の葉っぱが綺麗です。

14_1124_a_hananoki.jpg

その向こうがオレンジ色のサトウカエデ。カナダの国旗の葉っぱの木、メープルシロップ
の木ですよ。

14_1124_sato_k1.jpg

この公園のサトウカエデはだんだん数を減らして、とうとう最後の1本になってしまい
ました。

14_1124_sato_k2.jpg

せっかくおなじみになれたのに残念です。毎年猛烈に暑いからいやになっちゃたのかな?
いつ、見られ無くなっちゃうかもしれないサトウカエデの紅葉。目に焼き付けておか
なくちゃ。


それから、メタセコイアとラクウショウが並ぶ一角。

珍しい落葉性の針葉樹が2種、並んで立って居るんですよ。
背の高いメタセコイアの方はこれからサーモンピンクに紅葉する予定で、その様を
夜明けの空に例えて’あけぼの(曙)杉’の別名も頂いています。
また、色付いた頃、見に行こうと思います。

14_1124_rakuusho1.jpg

この日は一足早く、ラクウショウの方が色付き始めていました。緑色が褪せて、だんだん
茶色に、やがて黄色に…色付き、鳥の羽のように繊細は葉っぱを散らします。

こちらがラクウショウ(落羽松)の葉っぱのアップです。

14_1124_rakuusho2.jpg

近くで見ると更に魅力的。
ラクウショウの紅葉も、ちゃんと撮りに来なくちゃね。


いつもおさんぽしている公園で11/9に撮って来た写真シリーズはこれでおしまいです。
曇りの日には鮮やかすぎる赤い色は落ち着くし、強い光が当たって色が飛んでしまう
こともなく、落ち着いて見やすい写真に撮れるかもしれないけれど、やっぱり見ていて
憂鬱。お外のお天気は下り坂だけれど、ブログの写真は、この次から、晴れた日の写真
シリーズが始まります。良かったらまた、お付き合い下さいね。



posted by はもよう at 20:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: