2014年11月27日

うちのちび紅葉

いやぁ、4日振りの青空ですって。気持ちよかったなぁ。でもって、紅葉の方は
いよいよ終盤。今日は風があってもなくてもケヤキの葉っぱが一日中散っていました。
カエデも真っ赤になりました。青空と紅葉の取り合わせも綺麗ですよねぇ。

記事の方は、11/22のおさんぽ写真に移る前に、我が家の鉢植えを見ていただこうかな。

我が家の鉢植え、小さなケヤキ。

14_1127_keyaki1.jpg

11月に入ってすぐ、こんな風に色付きました。





9年ほど前に、ベランダに吹き込んできた小枝に付いていたタネを蒔いて、育ててきま
した。

14_1127_keyaki2.jpg

一年目から健気に色付いて、それから毎年目を楽しませてくれます。

間引きそびれて、何本も一緒に生えているのですが、何年目からかなぁ、むやみに
枝を伸ばさなくなりました。

14_1127_keyaki3.jpg

この環境に慣れちゃったんだなぁ。

こういう性質があるから、盆栽って言う芸術も成立するんですね。

14_1127_keyaki4.jpg

のびのび育ててあげられない分、何度も場所を変えてお日様にだけはたくさんあてて
あげるので、秋の紅葉は奇麗です。




11/19
少し遅れてコナラも色付きました。こちらは河原で芽吹いちゃったドングリを拾って
育てて、やっぱり同じくらいのお付き合い。

14_1127_konara1.jpg

拾ってきたドングリは1つ。コナラは1本。でも鉢はケヤキのよりずっと大きいです。

14_1127_konara2.jpg

綺麗なオレンジ色。ほんのちょっとの間しか見られないコナラの紅葉です。


一足早く色付いていたケヤキとのツーショット。

14_1127_keyaki5.jpg

ケヤキの方はだいぶ葉っぱを散らしています。

14_1127_keyaki6.jpg

コナラはどの葉もオレンジ色だけれどケヤキはいろんな色に染まります。


同じ日のノブドウ。

14_1127_nobudo.jpg

今年は実がちょっとしか付きませんでした。綺麗なことには変わりないんですけれど、
写真写りは今ひとつ。(^^;)まだまだ、白いカイガラムシ似のアブラムシ?の被害が
おさまりません。撲滅まで、後ちょっと。頑張ります。




それから、気温が下がると共に元気になってきたミニシクラメン。

14_1127_m_cyclamen1.jpg

夏のうちに無くなっていた葉っぱが復活してきました。

あ、つぼみが見えた。

14_1127_m_cyclamen2.jpg

赤い花が咲くんですが、つぼみはまだピンク色です。



この秋、タネを蒔いたばっかりのセイヨウオダマキ。ぐんぐん生長中です。

14_1127_s_odamaki.jpg

大きい方の株は、葉っぱが伸びるとハダニがたかるので切るのですが、また芽を出して
葉が伸びてハダニが…の繰り返し中。世話が焼けるなぁ(^^a)。新入りさんのお花を
楽しみに世話やき頑張ります。



そしてこのあいだの11/23。まずはノイバラの赤い実。

14_1127_noibara.jpg

今年も人工授粉で実ってもらいました。実をつけていた方が株自体が健康なんです。
実をつけられない年は病気になっちゃったり、虫に喰われ放題だったりしたのに。


寒くなると元気になるのはこちらの球根もです。

14_1127_teta_teta.jpg

黄色いミニ水仙、テータテートちゃんの鉢3つ。
芽が出て来ました。春にはどっさり咲く予定です。



お花の終わったホトトギスとカラーは地上部を切って冬ごもり。ノイバラとノブドウ、
ケヤキやコナラもそれに続く予定。我が家のベランダもゆっくり冬支度に入ります。
夏が苦手な鉢、冬が苦手な鉢。いろいろあるから、楽しみも一年中。頑張ろうp(^へ^)。



posted by はもよう at 23:22| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: