2014年12月11日

裏門のカエデ

今日は一日曇って、途中からは雨もぱらついて寒かったです。晩秋から冬の初めの
通り雨は時雨って言うんでしたよね。言葉の説明を読んだときにはそんな降り方する
雨って…有ったかな?なんて思ったものですが、今年は多いような気がします。
寒い季節の気まぐれな通り雨。気まぐれな分 日差しも交錯し、虹を見られた人も
多かったようで、ネットに写真が上がっていました。私は見られなかったんですが、
ネット上でお裾分けしていただけて有り難いです。

さて、記事の方はまだまだ続く11/30のおさんぽ。

14_1211_uramon.jpg

「日陰の林」の手前のカエデはまだ色付いていませんでしたが、隣町の公園の裏門に
通じる谷のイロハカエデはどうかな?





お気に入りの観察スポット 隣町の公園と裏の北向きの斜面。
午前中、ちらりと差した日差しも隠れてしまって曇天さんぽの11/30。

14_1211_shamen.jpg

北向きの斜面の紅葉具合はこのくらい。

でもって、公園の裏門に続く谷のイロハカエデはこんな感じ。

14_1211_iroha_k1.jpg

うふふ、見事に赤かったです。
お天気は曇りだけれど、この場所のカエデはこの日が一番綺麗かも。

目が覚めるような紅い葉っぱを見上げてみました。

14_1211_iroha_k2.jpg

斜面の途中にたくさん生えてますね。

下からちょうどイイ感じに見上げて楽しめます。

14_1211_iroha_k3.jpg

枝垂れる感じも素敵です。

14_1211_iroha_k4.jpg

和風庭園などでもこんな風に植えられていますが、自然の生え方を再現していたんですね。


この谷で一番のイロハカエデ。

14_1211_iroha_k5.jpg

枝を広げて、今が盛りです。

足元には散り敷く落ち葉。

14_1211_iroha_k6.jpg

色とりどり ♪ 黄色いのはムクノキの葉っぱかな?



この谷の主みたいなムクノキはだいぶ葉っぱを落としました。谷の底にも日差しが降り
注ぐようになったろうなぁ。

14_1211_mukunoki.jpg

お向かいのカエデの方に主役が移っちゃった感じですね。この夏もお疲れ様。
冬の間、ゆっくり休んでね。


赤い葉っぱでもこちらはアカシデの葉っぱ。

14_1211_akaside1.jpg

朱赤です。
真上は…まだこのくらい。もっともっと赤くなったら写真に撮りたいです。

14_1211_akaside2.jpg

ちなみに、真ん中の黄色っぽいのがアカシデ。もっと赤くもなれるはず。探してみます。


最後は日陰のカマツカの切ないオレンジ。

14_1211_kamatuka.jpg

今年、まとまって生えていた幹のうち数本が折れちゃって、ちょっと寂しい日陰の
カマツカ。頑張れ、応援しているからね。


11月のおさんぽまだもうちょっと続きます。今度は裏門から公園の中に入っておなじみの
木々を一回り。今度は何に会えるかな?



posted by はもよう at 23:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: