2014年12月18日

坂の途中のカエデ

今日も以下同文な寒い一日でした。風が強かったですねぇ、とにかく。強烈な低気圧が
北の方を通っていったそうです。該当の地域の皆様は、大変だったでしょうね。お見舞い
申し上げます。それを思ったら、多少の北風くらいで文句は言えませんねぇ。
明日はどうかな?

記事の方は申し分なく晴れていた12/6、隣町へのおさんぽ写真。今度は公園裏の斜面へ
降りる坂道の途中のイロハカエデを見ていただきましょう。

14_1218_iroha_k01.jpg

前回はまだ色づきかけでしたが、今回はすっかり赤くなっていました。






隣町について、公園に入る手前で折れて坂を下る途中が、紅葉の名所。
イロハカエデがたくさん、勝手に生えている場所です。
前回11/30にはまだ色付いていませんでしたので、この日、改めて見に行ったんです。

14_1218_iroha_k02.jpg

坂を下ってカエデが見えてきて、おお、色付いてる ♪ と嬉しくなったあたり。

11月の末にはまだ暗い緑色だった葉っぱもほら、赤い。

14_1218_iroha_k03.jpg

もう光を透かさなくても赤い葉っぱを眺められます。

斜面を見下ろすイロハカエデ。

14_1218_iroha_k04.jpg

赤いなぁ。見事だなぁ。


来た道を振り返ったところ。

14_1218_iroha_k05.jpg

黄色いのはアオハダやエゴノキの葉っぱ。赤いのは大抵イロハカエデ。
色とりどりで本当に綺麗。

その並び。

14_1218_iroha_k06.jpg

階段が続いていて…あの先には何があるのか確かめたくなるけれど…たぶんおよそのお家
です。
ここも色とりどりの紅葉。本当に絵のようだわ。

イロハカエデは斜面が好きなんですよね。

14_1218_iroha_k07.jpg

斜面の途中に、谷を見下ろすように枝を広げています。


斜面のてっぺんを見上げると、影絵のようですねぇ。

14_1218_iroha_k08.jpg


2本並んだ大きな木はケヤキかな。

そのとなり。


14_1218_iroha_k09.jpg

画面左側が坂を上がる方向。イロハカエデの赤い葉っぱがひときわ目立ちます。



坂を下りきると「日陰の林」です。

14_1218_kouya_b1.jpg

これからの季節はコウヤボウキの綿毛とか…

14_1218_kouya_b2.jpg

まだ出始めでした。



ヤブコウジの赤い実が楽しみです。
このあいだ園芸店で見た新しいヤブコウジは、大きくて実の付きも良かったけれど、
野山のヤブコウジはなりは小さく、実は1つか2つ。

14_1218_yabukouji.jpg

いえ、だって、別名は十両でしょ。あんまりいっぱい実ったら、百両(カラタチバナ)や
センリョウの立場が無いですよね。(^m^)


何度も取り上げたムラサキシキブの実も、まだちょっと残っています。

14_1218_m_sikibu.jpg

葉っぱが落ちちゃっても、まだ実が残って居るんだな。



苗を植えたような切っちゃったような、中途半端なウリカエデはこんな感じ。

14_1218_uri_kaede.jpg

イロハカエデとウリカエデの幼樹がたくさん立っていたんですよね。
ちょこっと出て紅葉している葉っぱが可愛かったのに、あとからみんな先を切られ
ちゃって。
どうしたいのか、良く解りません。今後の成り行きを見守りたいです。



「日陰の林」でも、イロハカエデはこの日が一番綺麗だったかな。

14_1218_iroha_k10.jpg

「日陰の林」なので、ずっと遠くに光を眺めつつ歩きます。

今度はもっと陽の当たらない場所で、霜が降りた葉っぱを撮りました。
次回は、綺麗だけれど寒そうですよ。(^^*)




posted by はもよう at 21:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: