2014年12月19日

霜の降りた葉

今日も以下同文、ただし風が無い分ちょっとましでした。風でスモッグが飛んでいた
のか雪をかぶった遠くの山までよく見えました。あれ?なに山って言うのかな?

記事の方は12/6のおさんぽの続き。隣町の「日陰の林」から始まります。

14_1219_yatude1.jpg

まずはヤツデの花とイロハカエデ。




綺麗でしたよね。ここのカエデも。

14_1219_yatude2.jpg

ヤツデの葉っぱをバックに。良いコントラストだ。



続く雑木林もこんな風。

14_1219_iroha_k1.jpg

まあ、色とりどり ♪

まだ赤くなっていない、黄色い葉っぱも見かけました。

14_1219_iroha_k2.jpg

みんなイロハカエデのようです

坂の途中のカエデはだいぶ色付いていたけれど、このあたりはまだみたいですね。

14_1219_iroha_k3.jpg

日があまり当たらないからかな。




カエデの根元には赤いマンリョウの実。

14_1219_manryo.jpg

可愛いな。ツヤツヤしています。




日が当たらない北向きの斜面には霜が降りた葉っぱがたくさん。

14_1219_simo1.jpg

この辺はケヤキが多いかな。

ロゼットになって冬越し中の葉っぱにも白い霜。

14_1219_simo2.jpg

ああ、寒そうだ。

茶色いのはケヤキの葉と実。

14_1219_simo3.jpg

草の葉はルリカラクサやハコベやヒメオドリコソウ等の春草の葉

春の象徴みたいなタンポポの葉っぱも冬越し中。

14_1219_simo4.jpg

冷蔵庫の葉っぱは、油断しているとすぐにしもげちゃうけれど、生きている葉っぱは
凍らないんだね。

霜が降りるとケヤキの葉っぱの まっすぐ整った葉脈がはっきり見えますね。

14_1219_simo5.jpg

綺麗だな、寒そうだけれど。

12/6、今季初の霜柱。

14_1219_simobasira.jpg

いよいよ雪と氷の季節到来かぁ。寒さに負けずに、おさんぽ続けるぞ。



12/6のおさんぽ、今度は公園の裏門に続く谷のカエデをもう一度見に行ってきます。


posted by はもよう at 22:19| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: