2014年12月27日

サネカズラの実

ありゃりゃ、昨夜確かにあげたはずの記事がアップされていませんでした。
12/26の記事のつもりで打ちました。 う〜ん、何でかなぁ。(’’?)

ふぅ、一息つきました。今日でパートの方は仕事納め。お世話になった皆さんに
良いお年を! って言って来ました。9連休のお休みに入ります。何しようかな?
っていうか、日頃出来なかった主婦仕事に精出す予定です。

記事の方は12/6のおさんぽ写真の最終回。

14_1226_sane_k1.jpg

久しぶりにサネカズラの実を撮れたので見ていただきましょう。





隣町の公園の向こうに住宅街が広がっていて、その1軒の、ほぼうち捨てられた庭先に
サネカズラがからんで居るんです。

モクレン科サネカズラ属の常緑つる性植物、サネカズラ(実葛)。
2011/ 1/14付 「万葉の庭 3」

ここ数年、たまに思い出して見に行っても、花も実も見つけられなかったのですが、
今回、久しぶりに実がなっているのを見つけました。


和菓子の「鹿の子」みたいですよね。粒々を丸く固めたような珍しい形の実です。

14_1226_sane_K2.jpg

葉っぱは常緑らしい厚手の葉っぱ。

別名は「美男葛」。つるからとるネバネバした液で髪型を整えたそうです。

14_1226_sane_K3.jpg

今で言う、ジェルとかワックスとかかな。

14_1226_sane_K4.jpg

ずいぶんと長い間放置されてきたお庭ですので、植えられたものがみんな暴れて外に
はみ出しちゃうんですよね。だからこの写真も、道ばたに出ているものを撮りました。
誰も片付けに来ないのかな?



こちらのお家は、お花が好きな方が済んでいらしたんでしょうね。
サネカズラの他には、たくさんのノイバラの実が有りました。

14_1226_noibara1.jpg

他所では見たことがないくらいまるまる太った立派な実です。

赤い実2種。

14_1226_noibara2.jpg

お好みは赤い実かな?


あ、でも、サネカズラに猛烈にからんでいるのは、スイカズラ。

14_1226_suikazura.jpg

今は黒い小さな実が付いています。
ノイバラも、サネカズラもノイバラもお花は白いから…、好きだったのは白い花?
それとも良い香り?

お家も洒落たデザインで、お庭にもお花の名残が一杯。
ここに住んでいたのはどんな人だったのかな?通るたびに気になります。



今回のおさんぽ、歩き始めに見たツルウメモドキ。

14_1226_t_umemodoki1.jpg

近くで手にとってみられる場所へ回ってパチリ。

14_1226_t_umemodoki2.jpg

黄色いカラに朱色の実。

14_1226_t_umemodoki3.jpg

鳥さん達の目をひく配色なんだろうな。



裏表紙みたいにイチョウの写真を載せて最後とします。

14_1226_ityo1.jpg

葉っぱが散ったの残っているの。

14_1226_ityo2.jpg

並んで立っていました。
イチョウには青空がよく似合います。長いおさんぽシリーズ、ひとまず
これにておしまい。次のシリーズは何にしようかな。







posted by はもよう at 23:11| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: