2014年12月27日

早咲きの梅

今日もまずまずのお天気でしたね。寒くて、ちょっと風はあったけれど、年の瀬
らしいお天気でした。9日間のお休み一日目はちょっと実家へ行って両親の顔を
見てきました。明日は家のこと、あれこれしようと思っています。頑張ろうp(^へ^)。

記事の方は今日から12/23にいつもおさんぽしている公園で撮った来た写真シリーズを始
めようと思います。たぶんこれが今年最後のシリーズですね。

14_1227_ume1.jpg

まずは、早咲きの梅の花。今年は、もう咲いてましたよ。





普通、ウメは2月に咲くものですが、数ある品種の中には冬至の頃咲く、極早咲きの
品種があるそうで、たぶんなんですが、いつもおさんぽしている公園に植えられている
梅のうちの何本かは、そんな早咲き種だろうと思います。
年にもよりますが、12月中に咲いたことが、今までにも何度もあるんです。

でも、最近は遅くなりがちだったから久々の本領発揮と言ったところでしょうか。
このあいだの、雪がちらつくほど冷え込んだ日に開花スイッチが入っちゃったのかも
しれませんけど。

14_1227_ume2.jpg

公園の中程に並んで植えられている紅白の株のうちの紅梅の方です。枝を見上げて
みると結構何輪も咲いています。

隣の白梅は、まだつぼみ…って言うより、秋に散るはずの葉っぱがまだ枝に残っている
段階。

14_1227_ume3.jpg

公園内の他の株も見て回りましたが、咲いていたのはひと株だけでした。

駐車場に近い株の紅梅もつぼみだけ。

14_1227_ume4.jpg

早咲きだろうとは思うけれど、その年によって、早く咲く株と咲かない株があり、
必ずしも同じ株が先に咲く訳でもありません。
開花のきっかけや条件って何なんだろうなぁ。そんなことを思いつつ、早咲きの梅を
眺めてきました。



2009/12/26付 「白梅 開花」
2010/12/15付 「咲いちゃった花」
2012/ 1/30付 「早咲きの梅」
2014/ 1/ 6付 「松竹梅」




ついでに同じ日の公園の様子を記録しておきます。
まずは、コブシのそっくりさんのタムシバ。

14_1227_tamusiba1.jpg

葉っぱが落ちて独特の樹形が目立ちます。
この木だけなのか、まだ若木だからなのか、とっても素直な円錐形。
綺麗な枝振りです。

14_1227_tamusiba2.jpg

枝先には毛深い花芽が準備中。春にはコブシよりも大きめで細長い花びらのお花を
咲かせます。



こちら、春から夏まで何の変化もなくて、秋になってからあわてて花から実までを
駆け抜けたアキニレ。

14_1227_akinire.jpg

慌ただしい秋を終えて、枯れ色になった実と葉っぱがちょこっとばかり残っています。
また来春ね。お寝坊さんだけれど、芽吹くのを待ってるよ。



こちらの枝はライラック。お花のように見えるのは実がはじけたあとの殻です。

14_1227_lilac.jpg

遠くに冬芽も見えますね。ライラックは枝の先に綺麗な芽が付くので毎年楽しみに
しているのですが、枝の途中の葉痕も面白い形だな。今度注目してみます。



背の高い木の上の方についているゴツゴツはラクウショウの実。

14_1227_rakuusho.jpg

鳥の羽に例えられる葉っぱはとっても繊細だけれど、その枝先に付く実は無骨で
げんこつみたいな形です。これが落ちてバラバラになって、その一つひとつがタネに
なるんですよね。


春まだ浅くて、他の木が花はおろか、芽も吹かない頃に咲くハンノキ。

14_1227_hannoki.jpg

今年の実と来春の花の芽が同居中の枝先はとっても賑やか。
地味だけど、きっとまた来年も会いに来るからね。



早咲きの梅を見て公園を一回りして、ヤブツバキの一番花も見つけました。
本来は春の花だし、色はもっと赤いものだから、このピンクの早咲き種もまた、園芸品種
なんだろうな。

14_1227_yabutubaki.jpg

公園のピンクのヤブツバキ、野生種に先がけてもうお花を咲かせましたよ。
冬の花は長いこと咲いているからこれから何度も登場しちゃいそうですが、これがこの
冬の初登場。よろしくね。



posted by はもよう at 23:31| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: