2015年01月24日

ジンチョウゲのつぼみ

今日はせっかく良いお天気だったのに、急な用事で出掛けなきゃならなくて、
おさんぽに行かれませんでした。お天気も午後から雲が出て、どんより〜。
明日に期待…かな?

記事の方は1/18のおさんぽの続きです。

150124_janohige.jpg

枝振り観察ツアーの前に見つけたのはジャノヒゲの青い実。





隣町へ行く途中で見つけたスイカズラ。ここでも寒い冬を堪え忍んでいます。

150124_suikazura.jpg

丸めた葉っぱが寒そうだね。


道の途中、ヒイラギモクセイの生け垣から、身を乗り出していたのがこのアベリア。
別名はハナゾノ ツクバネ ウツギ。

150124_abelia.jpg

ちょこっと葉っぱを赤く染めていますね。枝先には実の殻が付いてます。これが
羽子板でつく羽、つまりツクバネに似ているからなんですね。



それとこれも、生け垣から顔出していました。スエードの手袋みたいな冬芽。
アカメガシですね。

150124_akame_g.jpg

毛深いだけで裸芽ですからね、布製の葉っぱみたいになってます。
下の方の丸い葉痕も可愛いな。春になったらオスメスの株で、それぞれ違うお花を
咲かせます。



前のおさんぽで見たのと同じ椿が、更にお花の数が増えていました。

150124_tubaki1.jpg

やっぱり可愛いな。

150124_tubaki2.jpg

まだまだ咲き続けますよね。

赤いお花もまだ咲いてます。

150124_tubaki3.jpg

いろんな色の葉っぱもあって、綺麗だな。


並んで見かけたのはジンチョウゲのつぼみ。

150124_jintyoge.jpg

葉っぱの付け根に赤いつぼみがたくさん。もう来月には咲いちゃうかなぁ。
それとも3月になるかなぁ。
良い匂いの花だけれど、卒業シーズンと重なるせいか、嬉しいような寂しいような
ちょっと複雑な思いが浮かんじゃいます。



お花を眺めたヤツデの実。

150124_yatude.jpg

順調に育ってます。ゴールは真っ黒に見えるほどに色付いたところ。







おさんぽはまだまだ続くよ。
真冬だけれど、頑張っている葉っぱを透かしてみたら、こんなに明るい写真も
撮れました。

150124_noibara.jpg

寒くても散らなかったノイバラの葉っぱと笹の葉です。冬来たりなば春遠からじ。
頑張ろう、いろいろあるけど。p(^へ^)



posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: