2015年02月01日

ネジキの冬芽

今日は風が強かったものの、良く晴れて気持ちの良い休日になりました。毎年の恒例に
なりますが、旧友のお墓参りに行ってきました。ついでに実家へよって、両親の顔も
見てきました。さあ、明日からまた新しい一週間の始まり。いろいろ頑張ろう。

でもって記事の方はまだまだ1/18のおさんぽの続き。
今日の一枚目は、初夏に咲くお花は清楚でとっても魅力的だけれど、あんまり知られて
いない樹、ネジキです。

150201_nejiki1.jpg

幹がねじれやすいからネジキ。隣町の公園には2〜3本立っていて、時々記事にして
います。




若い枝は赤いんですよね、ネジキって。

150201_nejiki2.jpg

でもって、枝先の冬芽も赤いんです。

150201_nejiki3.jpg

結構しっかりした冬芽です。また、お花の季節が楽しみだな。いっぱい咲いてね。

2014/ 6/12付 「ネジキの花」



いつもセットでご紹介していたナツハゼは、去年、根元から切られてしまったけれど、
ひこばえを伸ばしていました。

150201_natuhaze.jpg

ひこばえからの復活には、ちょっと道のりが遠そうだけれど、とりあえず写真に撮って
エールを送っておきましょう。



公園裏の北向きの斜面ではこんな枝を見たんだけれど、何かな?

150201_kamatuka1.jpg

たぶんカマツカだと思うんだけれど。



それから、こんな枝も見て…

150201_yamaurusi1.jpg

ハートの葉痕が並んでいる〜、何の木だろう。

いろんな候補が浮かんでは消えて、いろいろ考えた後、場所から思いついたのが、
ヤマウルシ。

150201_yamaurusi2.jpg

ヤマウルシだと思うな〜。違うかな?



カマツカの方は、公園の中の"日向のカマツカ"って呼んでいる木も見て来ました。

150201_kamatuka2.jpg

こんもりドーム状に枝が茂っていたのに、数年前、下の枝を盛大に剪定されてしまい
手にとって観察できる枝不足に悩んでいます。

150201_kamatuka3.jpg

これ ↑ じゃ、前の写真のカマツカかな?の枝と比べても、参考にならないかなぁ。



"日向のカマツカ"の側には、これも他所ではあんまり見ないコクサギがあります。

150201_kokusagi.jpg

冬芽はこんな風。
珍しい、2枚ごとに互生する葉っぱ、"コクサギ型葉序"の持ち主です。



この記事ラストは、去年初めて気づいた隣町の公園内のアウチ。
別名、双葉より芳しくない方のセンダン。

150201_outi1.jpg

隣町へ行く途中に見かける 近づけない株しか身近になかったから、これからいろいろ
接写できるのを楽しみにしています。

まずは背の高い株の上の方の枝を撮った、冬芽の写真。

150201_outi2.jpg

おさるさん顔なんだけれど、う〜ん、やっぱりちょっと解りづらいかなぁ。
また、チャンスをねらってみます。


さあ、明日からまた2月分のお仕事が始まります。とりあえずは朝ちゃんと起きよう。
p(^へ^)頑張るぞ。


posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: