2015年02月09日

マユミの芽

今日は昨日までの湿気が効いて、しかもさほど晴れなかったのもあって、洗濯物が
乾かない一日でした。一応、日差しはあったんですけどねぇ。日付が変わる頃から
一時的に風が強くなって、見晴らしは良かったんですけどね。また、強い寒気が
近づいているそうです。寒さに気を付けて元気に過ごしたいものです。

記事の方は1/25のおさんぽの続き。公園をぐるっと回って第三コーナー、緑の枝は
マユミの枝です。

150209_mayumi1.jpg

枝にはカラフルな帽子が可愛らしい妖精さんみたいな冬芽が付いています。






冬芽って案外面白いなって思うきっかけになった冬芽です。

150209_mayumi2.jpg

ただ、ちょっと残念なのは、この公園のマユミ、軒並み元気が無くなって来つつある
こと。木が元気じゃないと もちろん冬芽も小さくて見栄えが悪いです。
頑張れマユミの木。密かに応援しております。



マユミの隣はひときわでっかいエノキの木。

150209_enoki1.jpg

象さんの足みたいなザラザラの幹に細かい枝。

びっしり茂る葉っぱとどっさり実る実で虫も小鳥もたくさん養ってきました。

150209_enoki2.jpg

エノキの枝は短くて細かくてまっすぐなのが特徴…かな。みんながサクラに夢中に
なっている頃、薄黄色で地味な花を霞のように咲かせます。

そんな大きなエノキでも、冬芽はとびきりちっちゃいです。

150209_enoki3.jpg

撮るの大変だったんだから、なかなかピントが合わなくて。
あら、案外、枝は毛深いんだねぇ。三角帽かぶった子どもみたいな冬芽と葉痕。
可愛いなぁ。



おさんぽは続くけれど足元に、可愛い赤い葉っぱを見つけちゃった。

150209_yotuba_mugura1.jpg

ヤエムグラ? いや、ちょっと茎の先の葉っぱの数が少ないね。

八重じゃなくてヨツバムグラかもしれないな。

150209_yotuba_mugura2.jpg

これは夏になってもそんなに茂らない、可愛い草です。
葉っぱが丸っこかったり細長かったり、そっくりさんが多くて悩みが深まるムグラの仲間。

でも、夏の雑木林の可愛い癒し系。今年もまた可愛く咲いてね。お花は、見るのも大変な
くらいちっちゃいけどね。(^m^)



公園一周も、終盤くらいでイヌシデの木。

150209_inuside.jpg

枝先に葉の芽と花の芽をならべて、賑やかなのが魅力的。この芽が動き出したら春ですよ。



この記事ラストは桑の木です。結構オレンジ色っぽい幹で株立ちするタイプ。

150209_kuwa1.jpg

養蚕の名残の、畑から逃げ出し組の多い 我が家周辺の桑。

だんだん見慣れてくると、何種類かに分かれるんじゃないかと思えてきます。
きっとね、栽培品種とか有ったんですよ、今は良く解らないけれど。

でもってこれは、幹の黄色みの強い方で、枝先なんか黄土色に輝いちゃってます。
あんまり黄色くない桑の木もあるから、それで、品種がいろいろあったのかな?って。

桑の冬芽はやっぱり、三角の帽子をかぶった子どもみたいな可愛い冬芽。

150209_kuwa2.jpg

するする背が伸びるの、株立ちするの、茶色いの黄色いのいろいろあるもの、うちの
近所で見かける桑の木。
園芸種よりも更に難しい栽培種だけれど、そのうち名前が解るようにタイプ別に
観察しておこうっと。



次は雪の積もった1/31のおさんぽ写真になる予定です。


posted by はもよう at 22:57| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: