2015年02月10日

淡雪さんぽ

今日はいやもう、寒かったです。朝からベランダのバケツの水が凍っちゃいました。
日中は穏やかに晴れたんですが、それでも気温は上がらず。でもって、明日はもっと
冷え込むそうです。気を付けなくっちゃ。そんななかでもミニ水仙の鉢につぼみが
上がってきました。ちゃんと春が近づいているんですねぇ。

さて、記事の方は今回から、1/31にいつもおさんぽしている公園で撮ってきた雪の日の
写真シリーズに移ります。

150210_yuki01.jpg

まずは家のすぐ近くのイチョウの根元。シダの仲間のノキシノブが元気でした。





1/30の金曜日の朝には、あたり一面、銀世界だったんですよね。でもまあ、雨も混じって
だいぶ溶けちゃって、雪かきに精出すほどじゃないけれど、写真は撮れるかな?って
思いつつ、翌日の1/31土曜日、長靴履いて近所の公園を目指します。

150210_yuki02.jpg

こちらも家のすぐそば、ジャノヒゲの葉っぱの上の雪。葉っぱの緑が透けそうな淡雪です。



元気に歩いて公園に着きました。車道の雪はほとんど無くて、土のあるところだけ
雪が溶け残っているようです。

150210_yuki03.jpg

雑木林の道にも淡雪。

枝から落ちたしずくで、雪の上に点々模様が出来ています。

150210_yuki04.jpg

梅の花の模様になっているの無いかな?



落ち葉の上の雪も良いけれど、常緑樹の上の雪も綺麗だよねぇ。クリスマスの飾りみたい。

150210_yuki05.jpg

1月の末だったけどね。それにこれはモミの木ではなくカイヅカイブキの葉っぱです。

雑木林の林床には木の陰。青く見えます。

150210_yuki06.jpg

白い雪の上の青い縞模様。

草の斜面では、柔らかい曲線を描いて、なだらかなデコボコ。

150210_yuki07.jpg

枯れて見える葉っぱでも葉っぱのそばは温かいのかな?
草の葉の周りだけぽっかり穴が開いています。



いつも眺めている植え込みにも雪。この赤い冬芽はトサミズキ。

150210_yuki08.jpg

今年はいつになく たくさんお花が咲きそうで楽しみです。



雪が積もって嬉しいのは人間の子どもばかりじゃないですよ。子どもの足跡もそれは
あるけれど、

150210_yuki09.jpg

ご主人と一緒のお散歩でテンションが上がっているワンちゃん達の足跡が至るところに
ついて居ます。


そしてこちらはカラスかな?

150210_yuki10.jpg

人がやってくる前に、ちょっと歩いてみたらしいです。



池のほとりにも溶け残り。

150210_yuki11.jpg

散り敷いたラクウショウとメタセコイアの葉っぱの上の雪。
お天気も良いし、どんどん溶けて流れちゃいそう。



うっすら残る雪とモミジバフウの冬芽です。

150210_yuki12.jpg

葉痕に可愛いお顔が浮かびました。
みんなの楽しそうな声を聞いて様子を伺いに来たのかな?



お日様が出て、ちょっとゆるんだ雪で作りました。手のひらサイズの今年の雪だるま。

150210_yukidaruma.jpg

ほっぺにはカンツバキの花びらを埋め込んで、上に雪を重ねてほんのりと。
目と口は小枝を折って付けました。



そういえば、雪があんまり多くなかったからかな。この日の公園にはあんまり雪だるまは
残っていませんでした。また今度降ったら、大きな雪だるまが見られるかしら?



明日は建国記念の日でお休みですね。また一段と咲き進んだ梅の花を見ていただこうと
思います。良かったらまた、お付き合い下さいませ。



posted by はもよう at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: