2015年03月08日

雨と梅、桜

今日もやっぱり雨。まだ続くようで、ちょこっとやな感じ。でもでも、恵みの雨ですから、
がまんがまん。今日はいつもおさんぽしている公園を一周してきました。前の記事に載せ
たつくしんぼは見失っちゃうし、豊後梅は咲いていないしでこちらもちょっと残念な感じ。
それでもキブシはもうちょっとで咲きそうだったし、ヒイラギナンテンの花の写真は撮れ
たし…そうそう、ユキヤナギとトサミズキが咲き始めました。今度行ったら綺麗なところ
を撮ってあげよう。

記事の方は昨日、隣町で撮ってきた写真から。

150308_kawadu_z1.jpg

まずは近所の河津桜。





咲き始めを発見したのは2/28だったけれど、1週間経ってもうちょっと咲きすすみました。

150308_kawadu_z2.jpg

薄い花びらに水滴が乗って、綺麗です。

夢のようですねぇ。

150308_kawadu_z3.jpg

ソメイヨシノだったら1週間で満開になっちゃいますが、河津桜はゆっくり咲くお花。
まだまだ見頃は続きます。また見に行こうっと。



すぐそばの緑萼の白梅だって負けてません。

150308_ryokugaku1.jpg

まっすぐ伸びた枝先に並ぶお花にも、


幹の近くに咲くお花にも、同じように並ぶ雨の粒。

150308_ryokugaku2.jpg

雨の日、小さな羽の虫さんたちは、お花にやっては来られないけれど、奇麗に咲いて
いたよって伝えたいような見事なお花です。



歩き出して別の生け垣のそば、ここには白いアセビの花が咲き始めていました。

150308_asibi1.jpg

しゃららら〜んと音がしそうなベル型の花。奥ゆかしくもうつむいて、しとやかに春の
到来を告げています。

150308_asibi2.jpg

細かいところまで、本当に精巧に良くできていますよねぇ。
綺麗だわぁ。



隣町目指して歩き出して、途中のとある施設の前庭で、カリンの芽がゆるんできたのを
見つけました。

150308_karin.jpg

ちっちゃい冬芽が開くとき、一瞬、バラの花のような形になるんですよ。
ここからじゃ遠くて解らないなぁ、今度どこかでねらってみよう…なんて思った記録。



更にもうちょっと進んで、ジンチョウゲの前。赤いつぼみが開いて白いお花が見えました。

150308_jintyouge.jpg

あの独特の良い香りが風に乗って漂い始めるまで、もうちょっとかかりそうです。

この花が咲くと、中学の卒業式だなって思うんですよね。もう、子どもじゃないけれど
大人でもない。しっかりしていそうで危なっかしい。自分が過ごしたときも、どっち
つかずの年頃だったけれど、子育て中も心配が尽きませんでした。

初めての受験も済んで、ほっと一息のセレモニー。中学に卒業式の位置づけってそんな
感じ。小学校とも高校とも違う、特別で心の残る日でした。

次の週末あたり、地元の中学校でも卒業式かな?ご縁が無くなって久しいけど(^m^)。






posted by はもよう at 21:53| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: