2015年03月10日

ウグイスカグラの花

やっと晴れました。青空を久しぶりに見た気がします。喜び勇んでベランダを洗濯
物でいっぱいにしようと思ったら、花粉がたくさん飛ぶでしょうって言う予報。
ありゃま、娘は花粉症なんですよ。彼女の分だけ部屋干しです。出来たら、結露で
びしょびしょの窓や湿った壁を風に当てたいけれどそれもお預け。窓は雑巾で、
壁にはサーキュレーターの風を当てておきます。花粉の季節〜、早く終わって。
お布団も干せないよぉ。しかも、今日は一日風が強くてお天気も不安定。全部、
部屋干しの方が良かったかな?いろいろ、悩ましいです(^^;)。

さて、記事の方は3/7のおさんぽ写真の続きです。隣町の公園裏の北向きの斜面。
その端にあるのが「日陰の林」。そこで会える早春のお花がウグイスカグラ。

150310_ajisai.jpg

フライング気味に開いた一輪めは見ましたが、今回は本格的な花期を迎えての
お花を見に行ってきました。一枚目の写真はアジサイの芽です。可愛かったので。






「日陰の林」と言えば、こちらも忘れていませんよ。コウヤボウキです。
草と見まがう細い枝が作るヤブ。水玉模様に見えるのはちょっと毛深い冬芽です。

150310_kouya_b.jpg

秋のお花、冬の綿毛を楽しんで、これからとびきり可愛い芽吹き待ち。
ただ、場所が薄暗いし、風があって、全然ピントが合いません。
もうちょっと条件の良い日に再挑戦してきます。



1つ前の記事と同様に、このあたりの地面にもかわいい葉っぱが並びます。

150310_kusanoha.jpg

こちら、顔を出したばかりのヒメオドリコソウとカラスノエンドウ。
落ち葉のお布団は暖かかったんでしょうね。緑色を保って元気そう。



ウグイスカグラが生えているのはもうちょっと先、これですよ。解ります?
お花が咲いているの。

150310_uguisu_k1.jpg

コウヤボウキほどじゃないけれど、こちらも結構、細めの枝の低木です。
2月初め ↓ に見に来たときにはほとんど無かった 葉っぱが出ています。

2015/ 2/19付 「鶯神楽の一番花」

ウグイス…カズラ(葛)じゃなくて、カグラ(神楽)なんですよ。
ちょっと変わったこの名前は、ウグイスが蜜を吸っている様がお神楽を踊っている
ように見えたから…と言われています。スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木です。

2012/ 4/11付 「ウグイスカグラの花」

花冠が5つに裂けた立派なお花が咲いています。

150310_uguisu_k2.jpg

早春の雑木林に現れたピンクの星様ですよ。可愛いなぁ。

2輪ずつ並んで咲くんですよね。

150310_uguisu_k3.jpg

だから、後で赤い実になったときも2つ並んで実ったりして、更にキュートに
なるわけです。

2013/ 6/15付 「ウグイスカグラの実」

周りの雑木林の木々はまだ眠っているこんな季節に、お花に来てくれる虫さんは
いるのかな?

150310_uguisu_k4.jpg

いや、逆に、成虫で冬越しする虫さんたちが、待ちに待ったお花かもしれません
よね。毎年、実が付いているんだから、きっと誰かが受粉をしてくれているはず。
この日は雨が上がったばかりだったし、曇っていたからどんな虫が来ているのか
見ることは出来なかったけれど。

可愛いお花が、結構、たくさん咲いていたんだけれど、それでも木、全体を
見ちゃうとこんな感じで、全然目立ちません。

150310_uguisu_k5.jpg

接写向きなお花なのかな。
でも、また会えて嬉しいです。これから、暖かくなるまで、長い間少しずつ咲き続け
てくれます。



この日の目当てはまだ他にもあるんです。さて、次は何かな?
歩き出した道ばたでは瑠璃唐草が、咲こうかどうしようか迷っていました。

150310_rurikarakusa.jpg

お日様が出たら間違いなく開いてくれる花なのにねぇ。この日のお天気ははっきり
しません。それでも早春のおなじみさんのご機嫌をうかがいに、さあ、先に進みます。





posted by はもよう at 23:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: