2015年03月11日

姫寒菅と蕗の薹

今日も良いお天気。風はちょっとあったけれど、昨日のように急にお天気が変わること
もなく穏やかな日々でした。おさんぽ行きたかったけれど、細々した用事を優先して
しまったので、やっぱり週末までお預けのようです。家事をしっかり頑張ろう。

記事の方は3/7に隣町で撮ってきた写真シリーズの続き。今度は北向きの斜面を歩いて
いって、ヒメカンスゲとフキノトウを見てきました。

150311_kansuge1.jpg

ヒメカンスゲというのはこんな草です。地味だけれど、味わいのあるスゲですよ。
そして、いつもフキノトウを眺める場所で、ある草の芽吹きに気付きました。







カヤツリグサ科スゲ属の中の常緑のスゲ。
あたりのものがみんな枯れてしまう晩秋から目立ち始める常緑の多年草。

2006/ 3/18付 「ヒメカンスゲ」

先の尖った細い葉っぱの草なんて沢山あるから、他の草の葉が多い時には紛れてしまって
目立ちません。
でも、あたりが枯れ色ばかりになる頃、こんなクリーム色の穂を立てます。

150311_kansuge2.jpg

地味ぞろいのカヤツリグサの中じゃぁ、華やかな方じゃないですか?

今年は、いつまで経っても見つからなくて、どうしたのかな?と思っていました。
他の年なら、もうちょっと前から、葉っぱが目立っていたのに。

でも、この株を見て気付きました。

150311_kansuge3.jpg

真ん中の葉っぱが盛大に刈られていますよね。
ご記憶でしょうか、去年の夏から秋にかけて、草むらに住む蚊に刺され、デング熱を
発症する人が出たことを。
あの後、徹底的に草刈りされて、この斜面の草もかなり短くされましたっけ。
その名残でしょうね。今年はあんまり見られないのかしら?

でも、そんな不安はあっという間に吹き飛んじゃいました。さがせば有るわ、有るわ。
あっちこっちで花の穂を立てていました。ああ、良かった。

上の写真の株をもうちょっとアップしてみましょう。

150311_kansuge4.jpg

茶色いのはおばなの花のさやです。
その下のもしゃもしゃした糸のようなものはめばなです。後で地味な実になります。

2013/ 4/26付 「ヒメカンスゲの実」

小さいさやからおしべのヤク(葯)が出てくると、クリーム色の立派な房になります。

150311_kansuge5.jpg

茎の下の方に赤茶色のワンポイントが入っているのはヒメカンスゲの特徴だそうです。


最初は、無いなぁと思いつつ歩き始めたけれど、結局、こんな大株が2つ並んでいるのを
見つけました。

150311_kansuge6.jpg

早春に嬉しい、しっかりした緑色の葉っぱとクリーム色のお花。素敵です。
毎年この時期になると、目が探し始めます。会えれば嬉しい冬のスゲ。ヒメカンスゲさん、
来年もまた会えますように。



北向きの斜面を進んでいって、毎年決まってフキノトウを眺める場所へ。
姿を現したばかりの頃の ↓ ころんとしたフキノトウはご紹介済みですが、

2015/ 2/20付 「今年のフキノトウ」

この日はちょこっと開いて…

150311_fukinotou1.jpg

というより、だいぶ刈り取られちゃっていました。ここ数年、放っておかれていたけれど、
また、刈り取って食べようと思う人が出てきたのかな?(^m^ )

まぁ、素敵なお花 ↓ を接写できなくて残念ですが、

2008/ 4/ 3付 「フキの花」

しかた有りません。手の届かない上の方には、まだ5〜10個くらい残っていそうですので
そちらが咲くのを楽しみに待つことにします。

こちら、踏まれちゃっていた株のうちのひとつです。

150311_fukinotou2.jpg

踏んじゃったら、食べたくはないよね。写真撮らせてくれると良いんだけれど。



さてさて、同じ場所に毎年、赤い草の芽も出ます。

150311_katakuri1.jpg

それがこちら、カタクリの芽。

春の妖精と言われるカタクリが、いよいよ動き出したんですねぇ。
うちの方ではサクラが咲く直前にカタクリの花が咲きます。

150311_katakuri2.jpg

この斜面はうちの近所では名所のひとつになっていて、腕の覚えのある野草写真家が
…大挙しては大袈裟ですが、…ぼちぼちやってきます。
みんな楽しみにしているかな?



ってな訳で、カタクリの保護地へも立ち寄ることが決まりました。あともうちょっと、
おさんぽしながら写真を撮りながら、反対側の端にあるカタクリの保護地を目指します。

posted by はもよう at 18:14| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
カタクリの実物を
たくさん見ることができるなんて、
恵まれていますね。
わたしも昨年初めて、、
ご近所の方が植えておられるのを見つけ、
遠くから覗いていました。
でもよそのお庭なので、
限界がありますよねぇ

その後そこの方に、エビネの自生地を
教えていただいたんです。
うまく会えるかどうかわかりませんが、
一度見に行ってみます。
山野草に興味のある方がおられて、
お話できて、うれしいでした^^
Posted by ブリ at 2015年03月12日 11:44
ブリさん、こんばんは。

いやあ、まあ、私も、徒歩圏内に憧れのカタクリが咲くなんて知って
ラッキーだなって思いましたよ。また見に行ってこなくっちゃ ♪

そういえば、北の方からはカタクリが咲いたよなんて話を聞きますが、
西の方からはあんまり聞いた記憶がないような。
そうはいっても、ブリさんちの方は、うちの近所では見られない
素敵な野草がいっぱい咲くからなぁ。

ほらね、エビネに自生地ですって。いいですねぇ。
いずれブログで見せていただくためにも
会えますように〜(>人<)全力でお祈り〜。

同好の士に出会えると、話は弾むし情報交換は出来るし
楽しいですよね。

これからもますます素敵な出会いがあると良いですね。
Posted by はもよう at 2015年03月12日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: