2015年03月12日

ニワトコの芽

今日は良いお天気でしたよねぇ。昨日よりも、更に風が少なくて日差しが多くて。
あー、おさんぽに行きたかったなぁ。でも、今日は用事があったのでした。そろそろ
冬の格好じゃ暑いけど、急に薄着して風邪ひきたくないし…。出がけに、いろいろ
迷う季節になりましたねぇ。さて、明日はどんなお天気かな?

記事の方は、3/7に隣町で撮ってきた写真シリーズの続き。春のおなじみさんを次々に
訪ねて、道のりも半ば、今度は芽吹いたニワトコに出会いました。

150312_niwatoko1.jpg

幼樹のうちは草みたいなニワトコさん、これはだいぶ木らしくなってきたなぁ。
まだまだ冬芽の木が多い中で、もう芽吹いちゃいました。早起きだねぇ。





ニワトコはね、葉痕が可愛い女の子の顔みたいなんですよ。

150312_niwatoko2.jpg

ほら、可愛いでしょ。


この子のそばにあって、やっぱり芽吹き早めなのはウワミズザクラ。

150312_uwamizu_z.jpg

白い瓶ブラシみたいな花をどっさり咲かせる木です。
お花の穂も葉っぱもみんな出て来ちゃう芽だけれど、今はこんな感じ。



さらに進んで今度は、北向きの斜面一番のツバキの大株の前。

150312_y_tubaki1.jpg

たぶん勝手に芽吹いたヤブツバキです。
公園や民家の庭先に、ツバキはたくさん植えられているものの、こんなに大きくて
幸せそうに育っているツバキはなかなかありません。

見上げるような株がお花で埋まっています。

150312_y_tubaki2.jpg

後から後から、わき出すように次々お花が咲くんです。

気に入った場所で、のびのび育つと木ってこんなに幸せそうに見えるんだなぁって
いつも感心します。

150312_y_tubaki3.jpg

公園や庭先のとはまた、ひと味違う美人さん。今年も会えました。ありがとう。



いよいよカタクリの保護地です。ボランティアさんたちがロープを張って守って居る
場所。今年はここでもニワトコに会えました。

150312_niwatoko3.jpg

真ん中のブロッコリーみたいなのはつぼみです。糸のような葉っぱはこれから大きく
開きます。白いお花は泡立つように咲き、夏を待たずに赤い実になります。

春一番のロケットスタートを決められるように最初から大きな冬芽でした。

150312_niwatoko4.jpg

急いで咲いて、鳥さん達が楽しみにしている赤い実をどっさり実らせねば。
みんなの期待が集まってるよ。



最後は斜面のてっぺんに経っている木のタネが落ちたのかな?
こんなに可愛いヒイラギを発見です。

150312_hiiragi.jpg

年取ると丸くなるんですよ、ヒイラギの葉っぱって。逆に言えば幼樹はトゲトゲ。
芽生えたてとなれば更に鋭くとがっています。うふふ(^m^)、可愛いなぁ。



さて、次はいよいよカタクリの芽。近所に育つ 他の草の芽とご一緒にご紹介しますね。



posted by はもよう at 21:24| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: