2015年03月22日

細い枝先の芽

昨日の夕方から急速にお天気回復して、今朝は朝から気持ちの良い晴天。午前中は
風もなく穏やかでしたが、それはそこ、休日の主婦ですから、洗濯などなど、
家事に追われちゃって、おさんぽに出たのは10時を回っていました。それでも
駆け足でも行って来たかったのは、カタクリがもう咲いているかもしれないから。
これからの記事でつぼみをご紹介するのに何ですが、咲いてました。撮ってきまし
た。その写真は後日見ていただくとして。

今日から記事の方は3/15のおさんぽの写真シリーズです。

150322_tukusi1.jpg

まずは歩き始めてすぐに出会ったつくしんぼ。可愛いなぁ。




道ばたのハクモクレンのつぼみが、膨らんで、でもまだ咲いていない頃。

150322_h_mokuren.jpg

この日は午後からお天気回復したのでした。やっと見られた青空の下、足取りも軽く
隣町を目指します。



道の途中でもツクシの行列。

150322_tukusi2.jpg

道路のアスファルトが写り込んじゃうほどの道ばたですが、春のニョキニョキ
並んでいます。



隣町について、でも公園に入らずに手前で曲がって坂を下り、先に北向きの斜面へ。

150322_kansuge.jpg

前回のおさんぽで、さんざん眺めたカンスゲが、また一段と穂を立てています。



隣町の公園裏の北向きの斜面、入り口にあるのが「日陰の林」。
でもって、そこの目当てはコウヤボウキ。

2013/ 9/13付 「コウヤボウキの花」

150322_kouyabouki1.jpg

魅力的なお花も綿毛も観察して、今はおもちゃの勲章みたいなガク(萼)と草と
見まがう細い枝に並ぶ新芽。

薄く緑色が透けて見える、毛深い新芽が愛らしいです。

150322_kouyabouki2.jpg

これからまた一年葉を茂らせて、秋に花、冬に綿毛を見せてくれます。
また会いに来るね。元気でね。


お隣のすんなりした若木。か細い枝の先に春の天使が羽を広げる形。
オトコヨウゾメのキュートな芽吹きですよ。

2006/ 5/ 1付 「オトコヨウゾメの花」

150322_o_yozome.jpg

ルビーみたいな真っ赤な冬芽から、羽ばたくような新芽。真ん中に花の穂を抱えて
います。春が定まったら、これまた愛らしい小花を束にして咲かせます。
見に来なくちゃね。忙しくなるぞ。(^^*)



すぐそばに真っ赤な新芽をつけた枝が伸びてきていました。
私の記憶が正しければ、これはウリカエデの新芽のはず。

150322_urikaede.jpg

違っていたらごめんなさい。(^^;)
でも、ここにたくさん生えていたのよね。

2013/ 4/29付 「ウリカエデのめばな」
2014/ 4/23付 「ウリカエデの花」



更に歩いてまたしつこくウグイスカグラまえ。

150322_uguisu_k1.jpg

うん、この日も元気に咲いてます。

他の株はまだ見つからないけれど、だんだん花数が増えてきました。

150322_uguisu_k2.jpg

早春の雑木林に咲くピンクのお星様。まだまだ見られますよ。



この記事最後は山菜の女王、タラの芽〜。

150322_taranoki.jpg

食べちゃいやですよ、ほらこんなにトゲトゲしているでしょ。
写真に撮りたいんだから、持っていかないでね(^m^)。



次に記事では早起きすみれをご紹介します。



posted by はもよう at 18:28| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: