2015年03月25日

カタクリのつぼみ

今日は良く晴れましたが、まだ寒気が抜けずず、また、冷たい風も強く吹いて寒い
一日となりました。春の足踏み、体を冷やさないように気を付けて、やり過ごしたい
ものです。晴れていると、ああ、あの花もあの芽も見に行きたい…と落ち着かないの
ですが、今日は細々した用事があって、家を空けられませんでした。週末には寒気も
抜けるでしょうから、それまではおとなしくしていようと思います。

記事の方は、3/15に隣町で撮ってきた写真から。

150325_katakuri1.jpg

カタクリの保護地で、つぼみの出来具合を確かめて来ました。






まあ、この一週間後に、順調な開花を確認している訳ですが、3/15時点の様子を
ご覧下さい。3/7には出たばかりの ↓ 赤い芽をご紹介しています。

2015/03/13付 「カタクリの芽」


隣町の公園裏、北向きの斜面の一角に、地元のボランティアさんたちが世話をして
復活させたカタクリの群落があります。
活動はもっと古いのでしょうが、私が通い始めたてからは10年ちょっと。
サクラが咲くちょっと前んもこの季節、毎年通って花の様子を眺めています。

150325_katakuri2.jpg

斜面の草の間に伸びる特徴的なまだらの葉っぱ。

↑ 上の画面 左寄りにピンクのつぼみが見えますね。

150325_katakuri3.jpg

赤っぽいまだら模様の葉っぱにピンクのつぼみ。可愛いです。
カタクリは芽を出して7〜8年経たないとお花が咲かないそうです。

3月に芽吹いて花を咲かせ、5月頃タネをこぼすと跡形もなく消えてしまいます。
幻のようなその生態から、春の妖精と呼ばれている春植物スプリング・エフェメラル
の一員です。



以前も見かけた 色彩の薄いタイプの葉っぱ。

150325_katakuri4.jpg

この葉っぱはまだ7〜8年経っていないのかな? 相変わらず葉っぱだけでした。



芽を出してからお花まで7〜8年かかって、しかも葉っぱは2枚まで。

150325_katakuri5.jpg

そんなカタクリですから、2枚の葉を広げ、つぼみを持ち上げた姿は鶴のよう。

150325_katakuri6.jpg

立派になったねぇ。お花が咲く頃、見に来るからねぇ…と言って、まあ、先週末
見てきたわけですが。お花の写真は後日ご紹介しますね。



ところで、図鑑の説明ではタネから芽を出して2年目からは楕円の葉っぱ一枚だけれど
芽吹いてすぐの葉っぱは糸状だと書いてありました。
楕円の小さい葉っぱでも、同じまだら模様が付いているので解りました。
でもきっと、糸状の 一年目の葉っぱを見つけることは出来ないだろうなと思って
居ました。

150325_katakuri7.jpg

ところが、↑これ、この写真です。一緒に育つ草の説明も入れておこうと、カタクリ
の写真に移り込んでいる…ジロボウエンゴサクの涙型の葉っぱを拡大したら

ひょろっとした葉っぱ(白矢印)が写り込んでいました。しかも何本も。

150325_katakuri8.jpg


これはその中でも先が変化して、葉っぱっぽくなっているもの。

こちらはもっと糸状。
これが、とうてい見つけられっこないと思っていた一年目の葉っぱ?



150325_katakuri9.jpg

保護活動を始めた頃は、自家受粉してくれる昆虫たちもあまりいなくて、皆さんで
腰をかがめてひと株ひと株人工授粉したそうです。
今は時々、自力でタネを作れる様になったんですよ。お花が終わってタネが出来たら
この辺に落ちるだろうし、タネが落ちたら、ここから芽も出るだろうし。
これが一年目のひょろひょろの芽だと嬉しいなあ。


また一段とこの斜面がカタクリで賑わうんだな。世話した人たちも嬉しいだろうなぁ。
カタクリの花、次の週末だと遅いかもよ。(^m^)






ついでに、ご近所さんの小さい葉っぱもご紹介。

これ、セリの葉にそっくり、でもここにはセリは出ていなかった。…ここにあったのは
セリバヒエンソウ。

150325_s_hienso.jpg

…ってことはこの葉っぱはセリバヒエンソウなのかな?
まあ、待っていればじきに薄紫の花が咲くよ。



それから、↓ こちらの小さい葉っぱ。右はアキノタムラソウ。

150325_a_tamuraso1.jpg

左は誰だか思いだせないんですよ。

すぐそばのこっちの葉っぱは、アキノタムラソウとニガナの芽だって解っていたのにね。

150325_a_tamuraso2.jpg

もうちょっと待てみよう。お花が咲くかもしれないから。


記事の方は次回、花木の花を集めて3/15の分、終了とさせていただく予定です。
一度はご紹介した花だけれど、何度も載せたくてね。


posted by はもよう at 23:50| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: