2015年03月29日

うららかおさんぽ

今日は雨の予報でしたが、思いのほか良く晴れて、お花見日和となりました。
まぁ、花の方はちらほらでしたけどね。昨日、ダブルヘッターで出掛けたというのに、
陽気につられて今日もまたおさんぽに行ってきちゃいました。今度は隣町の公園です。
あれこれ見て、たくさん写真を撮ったのですが、取り込み中のミスで半分消して
しまったことが判明。今、ちょっと落ち込んでいます。とは言っても、この二日間で
整理しきれないほどの写真を撮りましたので、気を取り直して記事用に整理して
ご紹介したいと思います。

その前に、今日の記事は先週の3/22のおさんぽで撮ってきた写真から。
この日も良いお天気でした。

150329_sakura.jpg

サクラはまだつぼみだったけれど。




隣町へ行く途中の道です。並んで立っていたのはサクラとエノキ。

150329_sakura_enoki.jpg

粒々と芽が目立つ方の枝がサクラ、短い枝しか見えないのがエノキ。
サクラが薄ピンクに染まる頃、エノキだって薄黄色に染まります。どっちも花盛り。
もうちょっとで咲きますよ。



それから、こちらは大きなハクモクレン。満開です。

150329_h_mokuren1.jpg

コブシに似ていても、やっぱりちょっと違う園芸種。
たくさん真っ白に咲いています。今週、見てみたら、もうだいぶ花びらが傷んじゃって
いました。サクラへバトンタッチですね。

150329_h_mokuren2.jpg

この日はまだ、咲いたばかりで純白のお花。素敵です。



隣町の公園の横に丸く剪定されたコブシがあります。

150329_kobusi1.jpg

毎年眺めているおなじみさん。今年も見に行ったら、3/22ではまだちらほら。
今日だってまだそんなには咲いていなかったけど…そろそろ終わりよね。

コブシの花びらは6枚。ガク(萼)は細くてガク(萼)とも思えないほど。
それに引き替え、ハクモクレンのガク(萼)は花びらとほとんど見分けがつかないので、
ハクモクレンは花びらの数が、見かけは9枚に見えちゃうんです。豪華に見えるわけだ。

150329_kobusi2.jpg

でも、コブシのお花は近づいてみると案外カラフル。花びらの付け根にはすっと
赤い線が入っているし、緑の葉っぱが一枚付いているし、花芯の所も結構色とりどり。
1つ前の記事のお花は丸っこかったけれど、このお花は葉が細いですね。
株によって個性があるのも面白いですね。



さてさて、坂道を下っていよいよ裏の北向きの斜面へ。

150329_zokibayasi1.jpg

日差しを透かして見る雑木林の綺麗なこと。イロハカエデの新芽が赤くて綺麗です。

画面右側のか細い枝を拡大すると ↓ こんな。

150329_o_yozome1.jpg

ああ、これ、オトコヨウゾメだったんですね。

他の場所で、この日の芽吹き具合を写真に撮ってみました。

150329_o_yozome2.jpg

こんな感じのが、日差しを浴びて光って見えていたんですね。



早起きの木の芽はこちらのガマズミも。

150329_gamazumi.jpg

ちょっと毛深くてもっさりしているけれど、2枚の葉っぱが向き合うように芽吹く所は
オトコヨウゾメと一緒です。さすが、同じ仲間。ヨウゾメというのはガマズミの異名
らしいですから、さしずめこちらは女ヨウゾメ?

もうじき白い小花が咲きます。オトコヨウゾメの方が早いかな?楽しみです。



まだ、何度でも取り上げますよ。ウグイスカグラ。

150329_uguisu_k1.jpg

先週もまだ、こんなに咲いてました。遠目で見ても咲いているが解ります。

元気いっぱいのピンクのお星様。

150329_uguisu_k2.jpg

花数が増えてくると、雑木林のあちこちに、同じウグイスカグラが生えているのが
解ってくるんですよね。花期が終わるまで、終わったら今度は赤い実も見るまで
しつこく通い詰めます。(^^;)



秋には真っ赤な紅葉を仰ぎ見た雑木林「日陰の林」。今は新芽で彩られています。


150329_zokibayasi2.jpg

来るたびだんだん彩りが増えていくんだろうな。今年はどんなお花に会えるかな?
どんな葉っぱに会えるかな?いろいろ楽しみです。


次の記事は、いよいよこの日のお目当て、あのお花に会いに行きますよ。
posted by はもよう at 18:10| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: