2015年03月31日

ウワミズサクラの芽

今日は暖かいを通り越して、暑いかもって思うくらいの強い日差しの晴天でした。
咲き始めたサクラは一気に満開になりました。どこを向いても淡いピンクでいっぱい
です。いやぁ、春だわぁ。でもって、今日はお昼休みに初見の野草にも会えました。
ちょっと嬉しいそのご報告はまた後日写真入りでお知らせします。(^^*)
今日で3月もおしまい。HPに4月のごあいさつカードを飾りました。まあ、いつもの
タチツボスミレですが。撮ってきたばかりのサクラの写真も日記の表紙に飾りました。
良かったら見てやって下さい。

記事の方は3/22の隣町でのおさんぽ写真。雑木林一の早起きさん、ウワミズザクラの
新芽を見ていただきましょう。

150331_uwamizu_z1.jpg

先がツンととがった葉っぱ。サクラの葉っぱに似ています。






うちの方の雑木林で、一番早くに新芽を吹くのがウワミズザクラ。

150331_uwamizu_z2.jpg

隣町の公園、裏口のムクノキのそばでも、

素敵な黄緑色の若葉はウワミズザクラの葉っぱです。

150331_uwamizu_z3.jpg

ムクもケヤキもまだ枝ばっかりの3/22。素敵な模様のようですね。




雑木林の落葉樹にもちらほら新芽が出ています。

150331_zokibayasi1.jpg

差し込む朝日を受けて、新芽が生き生きと輝いて見えます。
ここでもひときわ明るい緑色はウワミズザクラの新芽です。

近くで見るとこんな感じ。

150331_uwamizu_z4.jpg

ひとつの芽から、一枝丸ごと出ちゃう感じ。
しかも、真ん中からビンブラシみたいな形の花の穂をにゅーっと出します。
小さな冬芽にいろいろ詰まっていたんですよ。



ウワミズザクラに負けじと早起きなのはニワトコの葉っぱ。

150331_niwatoko.jpg

小さなブロッコリーみたいなのは泡立つように咲く予定の 花のつぼみ。
今年はちょっとのんびりしています。白い花咲いて赤い実が熟すのを小鳥さんたちが
みんな待っています。



この日はまだ、動きがなかったイヌシデの冬芽。

150331_inuside1.jpg

からんでいるのはオニドコロの実の殻。

葉の芽、花の芽が付いた枝は、もうすぐ黄色っぽい雄花の穂が下がる予定。

150331_inuside2.jpg

奥の緑はアオキの大株。アオキだってもうじきお花の季節です。
これから葉の出るイヌシデと、冬中葉を茂らせていたアオキ。
冬の過ごし方は違ったけれど、お花の季節は似たり寄ったり。もう少しだね。


裸木と常緑樹の景色から、パステルカラーの芽吹き時へ。

150331_zokibayasi2.jpg

見ているだけで、うきうきしちゃいます。おさんぽの足取りも軽い軽い ♪




お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」をぐるっと回って、あの花、この葉っぱを
眺めたら、もう一度公園の中へ。

150331_m_suzukake.jpg

プラタナスの大株を見上げて、冬芽の殻が割れたのも確認。
結構ダイナミックな芽吹きっぷりを、眺められたら嬉しいな。



早起き2番手はたぶん、エゴノキ。

150331_egonoki1.jpg

か細い枝にお行儀良く新芽が並んでいます。

枝一本出てくる冬芽もあるけれど、エゴノキの冬芽は毛深い若葉の裸芽。

150331_egonoki2.jpg

春を感じたら、そのまま一枚の葉っぱになるだけの芽も多いです。
お花のつぼみを抱えているのもあるだろうけどね。
後ひと月ちょっとで、枝いっぱいに白い花を下げるんだねぇ。エゴノキ咲いたら、
もう夏もすぐそこ。いやぁ、時間の経つのはあっという間だなあ。



この記事のラストは桑の芽。冬の間は三角おにぎりみたいな形の芽だったのに、

150331_kuwa.jpg

そろそろ、開くよ、殻が割れてきた。ここからは葉っぱとお花が現れるのかな?
桑の実だって、夏前に実ってとりさんたちを養う実。ニワトコ並みに、熱視線を
送られているのかも。早く咲かないかな〜(^m^)。



それにしても、今日、日付を書こうとしてびっくりしちゃいました。もう、明日
から4月なんですよね。早いなぁ。次回は3/22に見かけた他の野草を御紹介します。



posted by はもよう at 23:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: