2015年05月07日

雑木林の芽吹き

今日は午前中どんより曇っていて、ベランダの洗濯物が心配でした。でも、雨は降ら
なくて午後からは晴れて暑いくらいになりました。なんだか、暑かったり肌寒かったり
で体感温度が定まりません。風邪ひかないように気を付けなくっちゃ。
そう言えば、ベランダのノイバラと西洋オダマキが数日前から咲き始めました。今日は
ちょっと遠回りして、他所ののいばらのお花を摘んできて受粉作業をしました。
そばではスイカズラも咲き始めていました。季節がどんどん進んでいますね。

記事の方はまだ4/12に近所の公園で撮ってきた写真から。

150507_zokibayasi1.jpg

今度は雑木林ゾーンの芽吹き具合を見ていきましょう。




エリアの入り口にあったのはハコネウツギ。

150507_hakone_u.jpg

去年の実のカラがまだ残る枝先で、今年の若葉が大きくなってきました。
もうすぐ花芽が目立つようになり、色変わりするお花が咲きます。楽しみです。



そばにあったのはリョウブ。今だけのチューリップみたいな新芽。

150507_ryoubu.jpg

日差しを受けて、若葉が金色に光って見えちゃうなぁ。
こちらも7月頃の白い花を穂状に咲かせます。リョウブが咲いちゃうまでが、当ブログの
「木に咲く白い花」の季節です。だから、ゆっくり咲いてね、リョウブの木。



芽吹きっぷりで言ったら、雑木林でも一二を争う可愛さのアカシデの芽。

150507_akaside.jpg

この日いろいろ撮ってみたけれど、これが一番のお気に入り。
なにやらしても可愛い、雑木林のアイドルです。

他の四手兄弟もねらったんだけれど、うまく撮れなかったんですよね。
今度こそ、頑張ろう。



それからエゴノキ。そうだ、今日、咲いているのを見ちゃいました。
撮ってこなくちゃ。

4/12にはまだ、細い枝にちいさい葉っぱが行列していました。

150507_egonoki.jpg

繊細な景色です。
これから、枝が折れそうなほどどっさり、良い香りの白いお花を咲かせます。



新芽が、木のよって違う色しているのも、この時期だけ。

150507_konara.jpg

↑ 銀緑色のコナラの若葉。

↓ 黄色っぽいクヌギの新芽とおばな。

150507_kunugi.jpg

まだ薄い若葉はお日様の光を易々通して、光っているように見えます。

150507_mizuki.jpg

ミズキの若葉です。お花が咲いているようですね。


お目覚め遅めのムクノキも、いよいよ動き出しました。

150507_mukunoki.jpg

花が先、葉っぱがあとのエノキやケヤキとは違ってムクノキは、芽吹きは遅めだけれど
あとから一気に追いつくタイプ。若葉を広げたら、すぐにお花を咲かせる予定です。




春の雑木林はとにかく綺麗。

150507_zokibayasi2.jpg

新芽にお花。カラフルなのはほんのちょっとの間で、見る間に緑一色になっちゃいます。

色とりどりなのは、それぞれ、生存競争を生き抜くための戦略が違うって言うのもある
でしょう。早めに仕掛けるの、あとからゆっくり行くの、いろいろなタイプがあって、
工夫があって、命を繋いできたんですよね。

雑木林の彩りはいろんな命のシンフォニー。綺麗なわけだわ。



まだ続きます。今度はだいぶ地味めな公園の木々を見ていただきます。


posted by はもよう at 22:35| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: