2015年05月08日

トネリコの花

今日も暑いくらいの晴天でした。台風が近づいているらしいよ〜って聞いたのですが、
本当ですか?いや、もう、夏ですねぇ。エゴノキに引き続いて今日は、トベラと芍薬が
咲いて居るのにも気づきました。本当に季節は、どんどん進んでいきますねぇ。

記事の方は4/12午前中の部、最後の写真。あ、すみません、まだ午前中です(^^A)。
午後の部もあるので、まあ、気長にお付き合い下さい。

150508_k_poplar1.jpg

今日はちょっとマイナーな木の写真。こちら、カロリナポプラです。アメリカ原産の
ポプラの仲間。春先に花を咲かせ、このあと綿毛を飛ばします。




いつのもおさんぽしている公園に2カ所、2列に植えられたヨーロッパ原産と北米原産の
ポプラの木。風に弱くて、ここのところ、大型台風のたびに仲間が減っていますが、
何とか今年も残り少ない仲間が立っています。

150508_k_poplar2.jpg

不思議なくらい図鑑にも載っていないし、ブログで取り上げる人も少ないポプラの仲間。
web検索しても情報が少なくて、よく解らないのですが、とりあえず、この日は枝から
若い実の房を下げていました。この粒々が翌月 弾けて、綿毛とタネを風に預けます。

2011/ 4/12付 「ポプラ 咲く」
2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」



さらに、こちらもあまり取り上げられない木、トネリコ。
ねばり強くしなやかなその材はバットやラケットなどのスポーツ用品に使われ、決して
人の暮らしと縁遠いわけではないのですが、やはりあまり情報が無くよく解りません。

150508_toneriko1.jpg

でもこの時期、トネリコだって地味めに花盛りです。↑ こちらのどっさりおしべが
出ているのがおばなの咲くオスの木で。

↓ こちらの素っ気ない方がめばなの咲くメスの木かな。

150508_toneriko2.jpg

めばなはのちに、つばさの付いた実(翼果)になります。目立った特徴は少ないけれど、
地味でも素敵な木ですよ、トネリコは。
5月にはお仲間のマルバアオダモが、白く煙る様に咲きます。楽しみ ♪

2010/ 4/27付 「トネリコ属の花」



それからこちらがハンノキの仲間で、ケヤマハンノキかなと思っている木です。

150508_k_y_hannnoki1.jpg

名札も付いていないし、葉っぱが出そろうとどこからともなくハムシが飛んできて
丸坊主にしちゃうので、おちおち写真も撮っていられません。

今年も、戦いの火ぶたが切って落とされちゃったみたいです。

150508_k_y_hannnoki2.jpg

葉っぱを繁らせるのが早いか、食い尽くすのが早いか、毎年勝負しているみたい。
私としては、葉っぱが奇麗な木だから、もっと繁らせて欲しいんだけどなぁ。



日本産だと、何じゃこりゃってほどトゲまみれなサイカチも、北米原産だと穏やかって
いう、アメリカサイカチ。

150508_a_saikati.jpg

春先は可愛い芽吹きですが、ここから大きな羽状複葉の葉序と、30cmにはなろうかという
特大の豆のさやを下げます。芽だけじゃ解りませんが、こちら、豆が実る木です。
日本ではサイカチのさやを 昔は石けん代わりに使っていたそうです。
これは、人気の庭木です。個人のお庭にもシンボルツリーとして植えられるそうです。
やっぱり、庭木としてトゲがないことは大切なんだろうなぁ。

2009/ 5/25付 「アメリカサイカチの花」



こちらはネグンドカエデ。
あんまり聞かないかなぁ。でも、気付くと結構身近に植えられて居るんですよ。
いろいろ品種がある中で、こちらは新芽がピンク色のフラミンゴという名前の付いた
ネグンドカエデ。

150508_negundo_k1.jpg

気を付けないと、個人のお庭ではもてあますほど成長の良い庭木です。
この木は公園樹ですから、のびのびしていますけれど。

150508_negundo_k2.jpg

葉っぱはカエデらしくない、五裂どころか三裂もしない葉っぱですし、はっきりと
した紅葉もしないのですが、カエデの仲間のお約束 ♪ プロペラ型の実は付くんですよ。

150508_negundo_k3.jpg

今はその前段階のお花の季節。
地味すぎますが、花盛りです。枝の上の方で咲いているのでほとんどよく見えませんが。

2013/ 4/21付 「青空深呼吸」



今日紹介する中で一番有名かな。オニグルミです。
いつも冬芽のアップとか、芽吹き具合のアップばかりだから、たまには枝振りなども
載せてみます。

150508_onigurumi1.jpg

ぶっとい枝で粗いのがオニグルミの枝振り。この日はそのぶっとい枝の先で新芽が
動き出していました。

おさるさんかヒツジに見えた葉痕の額の部分から、毛深い新芽がにょきっと出て来ます。

150508_onigurumi2.jpg

いつ見ても思うことですが、なかなかダイナミックな芽吹きです。



ちなみに、こちらの簡単なのがオニグルミよりずっと食べやすいので、よく栽培される
というテウチグルミの芽。

150508_teuti_g.jpg

オニグルミよりはだいぶ繊細ですが、やはりどこか似ている芽ではあります。
5月になれば花も咲くのでまたねらってみたいと思います。



さて、周りで次々初夏の花が咲いて、あわてちゃう今日この頃ですが、記事の方は
4/12の午後の部へ移りたいと思います。午前中は近所の公園を回りましたが、午後は
隣町の公園と裏の北向きの斜面を見て回りました。
大好きな雑木林の芽吹き時だし、思いがけない場所で思いがけない草の花にも
出会ったし、記事に残しておきたい写真がいっぱい撮れちゃったんですよね(^m^)。



posted by はもよう at 23:16| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: