2015年05月26日

ナナカマドの花

今日も申し分ない晴天でしたね。今日は珍しい菩提樹の花を見かけました。クリーム色の
小さい花でした。それからテイカカズラが花盛り。ネズミモチもちらほら咲き出しました。
そうそう、アジサイもぼつぼつお花がはっきりしてきましたね。梅雨入り間近ですか…。
ああ、意識が追いつきません。でも、これからは食品が傷みやすくなる季節。衛生に
十分気を付けたいものです。

記事の方は近所で見かけた花木をいくつかご紹介。

150526_nanakamado1.jpg

まずはナナカマドの白い小花。




うちの近所の道ばたの植栽です。数年前に手が入って、今まで無かったものが植えられ
ました。ナナカマドは、十数年前なら我が街にも数本植えられていましたが、暑さに弱
いのでしょうか、猛暑の夏を経るごとに枯れ続け、とうとう無くなっていました。久し
ぶりのナナカマド。木はまだ小さいし、お花の数は少なめですが、出来るだけ長く咲いて
欲しいと思いつつ、観察しています。

150526_nanakamado2.jpg

お花は白い小花で、秋には真っ赤な実になります。葉っぱは奇数羽状複葉で、これも
紅葉自慢で赤くなります。

この日はまだ咲き始め。

150526_nanakamado3.jpg

アップにするとつぼみに、コケティッシュな赤味が差していました。可愛いなあ。
近所の公園にあるニワナナカマドにちょっと似ていますね。でも、あちらは赤い実は
付かないし、紅葉自慢でもないんですよ。

北国の木、ナナカマド、我が街はちょっと暑いかもしれないけれど、末永く咲いてね。


ナナカマドのご近所さん、ピンクのお花が楽しみなシャリンバイの一種。

150526_sharinbai.jpg

インディカ種か、ベニバナシャリンバイのどちらかです。お花が咲いたらまた撮ってきます。



それから、常緑ヤマボウシ。

150526_j_yamabosi.jpg

お花をあきらめて、もう実になっちゃうんじゃなくて、これから総苞片を伸ばしてお花っぽく
変化します。落葉性のヤマボウシほど華やかにはならないけれど、もうちょっとお待ち下さい。



春先に、毛深い黄色のお花を手まり咲きさせていたミツマタ(三椏)。

150526_mitumata.jpg

お花は終わってこれからは葉っぱの季節です。これだけ見たら何の木だか解らないですね。




同じ日の別の場所の花木もついでにご紹介。
こちら、4/22にはまだ開き始めだったモッコウバラ(木香薔薇)。

150526_mokkou_b.jpg

全てのバラに先駆けて咲き、トゲのない優しいバラ。やんごとないお方のお印に採用されて
以来人気の庭木になり、この時期あちこちの生け垣が黄色く彩られます。やっぱり、影響力
半端無いんですよねぇ。


それからこちらはマメ科のハナズオウ(花蘇芳)。枝に直接蝶型花がびっしり付いて咲く
ちょっと変わった花木。

150526_hanazuo.jpg

スオウ(蘇芳)という、染料を採るマメ科の木があるのですが、その染料で染めた布の色に
花色が似ているそうです。同じマメ科でもそんなに近い種類ではなく、ハナズオウを染料に
することはないそうです。




翌週、ナナカマドの花がほとんど散ってしまった後の道ばたの植栽から、甘くて
バナナに似た香りが漂ってきました。

150526_karatane_o1.jpg

カラタネオガタマの(唐種招霊)花が咲きだしたのでした。

中国原産、モクレン科の常緑樹。別名はトウオガタマ。

150526_karatane_o2.jpg

日本の、どちらかと言えば暖かい土地に自生するオガタマノキの中国版ですかね。

お花は、葉っぱの陰に隠れて地味に咲きます。

150526_karatane_o3.jpg

これはたぶん香りを楽しむ木なんでしょうね。嫌みのない甘い香りでしたよ。

赤い花の'ポート・ワイン'が、後から咲きますので、それはまた撮ってきます。


新しい木が植えられて、新しい生態を観察できるのは楽しいです。手入れは他人任せ…
って言うのも嬉しい限り ♪ いつまでもそこで咲いててね。←ちゃっかり



さあ、どんどん咲いちゃったお花をどんどんご紹介しよう。今度は河原の野草を見て
頂こうかな。



posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: