2015年05月27日

初夏の河原の花

都心では真夏日だとか。いやはや、連日、5月とは思えない気温です。気温が上がると
俄然匂いが気になります。カビっぽい匂いに気付いて洗濯機を掃除したので、念のため、
第一回のお洗濯は真っ白いレースのカーテン。無いとは思うけれど、万が一カビ取り用の
漂白剤が残っていても問題なし。そのあと2回回したけれど、あっという間に乾いちゃい
ます。梅雨が始まるまでに、あれこれ綺麗にしとかなきゃ。p(^へ^)頑張れ、私。

記事の方は、若干、涼しげな河原の画像から。
サクラを眺めたとある河原、何か咲いてないかな?なんてちょっとのぞいてみたら、

150527_kawara1.jpg

遠目に白い小花が見えました。たぶん、セリ科の野草。セリ科の花だろうなって予想は
簡単だけれど、結構そっくりさんが多いので、特定できるかな〜?





さらに、土手の草むらを透かし見ると、点々と黄色い花。

150527_kawara2.jpg

この時期咲く黄色い花、沢山あり過ぎて困っちゃうくらい。アレかな、これかな?
でも、すぐに思いつくお花のどれにも似てないぞ。何だろう。



桜並木からちょっと下って、土手の草むら、あらまあ、白い小花が霞のように群生してます。

150527_kawara3.jpg

草の上がぼおっと白いのはみんな、白い小花。
へぇ、この時期こんなに咲いていたんだ。知らなかったわ。 


近づいてみて、とりあえず全体像をぱちり。

150527_shaku1.jpg

やっぱりセリ科っぽい、繊細な感じ。こりゃやっかいだぞ。


花の穂は放射状。更にその先に小花が10かそこら。

150527_shaku2.jpg

草丈は1mあるかないか。

葉っぱは羊歯かと思うような葉っぱです。

2回3出複葉とかかな?

150527_shaku3.jpg

こんな涼しげな草、見るには良いけれど、名前調べには苦戦しそう。図鑑で見たかな?

花びら?は5つ、外側が大きめ。そんな花、セリ科には沢山あったよね。

150527_shaku4.jpg

自信はなかったけれど、家に戻ってパソコンで「セリ科の花」って画像検索して、大体
似た花を見つけました。
セリ科シャク属の多年草、シャク(杓)。別名はヤマニンジン、コジャク、
ワイルド・チャービル。

シャクという草は、花咲く前の茎や葉っぱは山菜として、根っこはヤマニンジンとして
食用にされてきたそうです。私に見立てが正しければ、これ、食べられる草なんだ。
まぁ、私の見立てってところが信憑性をいたく損なうけどねぇ。

ワイルド・チャービルだったら、花だんから逃げ出してきて咲いてるのかもしれないなぁ。
とりあえず、食べないけど(^^;)、この時期こんなに涼しげな花が群生する場所みっけ。
心の地図に書き留めとこうっと ♪




草むらを更に進みます。川の流れのすぐそばにも黄色い花は咲いていたけれど、

150527_kawara4.jpg

これなら知っています、クサノオウ。遠くからだって見分けられちゃうおなじみさん。

150527_kusano_o.jpg

でも、さっき草むらにぽつんぽつんと咲いていた黄色いお花は、これじゃない。




もうちょっと進んで、ふたつめの黄色いお花発見! ああ、なんだ、キンポウゲ科の
ウマノアシガタではありませんか。

150527_umano_a1.jpg

ここにも咲くんだねぇ。

すでに知っている群生地はちょっと足を伸ばした先の公園。初夏に大好きな白い花の
写真を撮りに行くところに咲いているんです。おお、ウマノアシガタが咲いたって事は、
大好きな白い花も咲くって事だ。今度の休みに写真取りに行かなくちゃ。

なんて、思いつつ撮ったウマノアシガタちゃんの写真が、思いのほか上手に撮れてねぇ。

150527_umano_a2.jpg

ほら、ピカピカしてピントがあわせにくい花びら(っぽいところ)までバッチリ。
あら可愛い ♪ 毒有るけど(^m^)。



斜面をえっちらおっちら登って土手の反対側の、地元の人が丹精している花だんへ。
野草のおまけに花だんのお花も少々ご紹介。

まずは、野生化もしているけれど、やはり花だんで見たいタイリンオオアマナこと、
オーニソガロム・ナルボネンセ。←学名の暗記なんて絶対無理。

150527_t_o_amana.jpg

ユリ科オオアマナ属の多年草だそうです。逃げ出さないように管理してくださいねぇ。



風でくしゃってなっちゃったけれど、たぶん、アヤメ。

150527_ayame.jpg

もしかしたら何とかアイリスかもしれないけれど、たぶん(^^;)。


でもってこっちはたぶんダッチアイリス。

150527_dutch_i.jpg

別名はオランダアヤメ。小柄で、さっぱりしたデザイン。明るい花色が特徴。

大きくてゴージャスでシックな花色のは、また今度ご紹介します。


花だんのお花、最後の一枚は春に咲く、このタイプの菊のお花は少数派。

150527_m_wasure.jpg

薄紫のミヤコワスレ。可愛いお花です。



5月もあと数日。もういい加減、恒例の「木に咲く白い花」のシリーズを始めたい。
頑張れ、私p(^へ^)。


posted by はもよう at 18:06| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: