2015年06月02日

アオギリの若葉

はい、今日も暑かったです。そろそろ栗やマテバシイなどに白いヒモのような花が目立って
来ましたね。それから、梅の実は緑色のままなのに、アンズの実はオレンジ色に変わって
来ました。お花はそっくりだったけれど、豊後梅の実は緑色のままだったのを見て、ひとつ
大きな発見をした気分でした。夕方からは雲が広がりました。カラカラお天気が続いていま
すが、明日は久しぶりのお湿りになるかな?

記事の方は4/25のおさんぽの続きです。
クワの花を見たり、黄色い草の花を眺めたりしながら、いつものアオギリの下へ。
木、全体を見るとまだまだだけれど、

150602_aogiri1.jpg

ところにより若葉が広がっていました。アオギリの下から、隣町の公園、裏の北向きの
斜面へ下る坂の途中まで、木々の様子を見ていただきましょう。





アオギリの名前の由来は幹や枝が緑色だから。

150602_aogiri2.jpg

逆光でよく見えないけれど、その、緑の枝の先に赤い冬芽が付いていました。

場所によっては若葉になっているところも。

150602_aogiri3.jpg

アオギリの枝は緑色で、新芽は赤味がかっています。カラフルですね。

葉っぱが十分大きくなる頃、ちょっと変わった花が咲きます。


近所の高木、アウチこと、千のお団子の方のセンダンはまだのんびりしています。

150602_auti.jpg

お寝坊さんなんだな。


大きなトチノキの、大きな葉っぱが並ぶ枝先では

150602_totinoki.jpg

そろそろお花が準備中だった頃のこと。



おさんぽ快調に飛ばして、隣町の公園へ。

150602_park.jpg

圧倒的な新緑。とにかく若葉がめいいっぱい。



花の穂をたらしていたコナラには、どんぐりの赤ちゃんが付いています。

150602_konara.jpg

クヌギは葉の付け根、コナラは枝の先にめばなが付いて、
コナラは秋に、クヌギは来年、どんぐりの実になります。


栗の枝にも みずみずしい若葉が並びます。

150602_kuri1.jpg

長くて針のような鋸歯に、たくさんの若葉。
ヒモのような雄花は、4/25の時点ではでは、まだ咲いていませんでした。

かわりにこの日目立ったのは

150602_kuri2.jpg

クリの芽が変化した虫こぶ。
あんまり多いと木が弱っちゃうそうです。ほどほどにお願いしますよ。



公園には入らないで道を左折して、更に進んで裏の北向きの斜面に通じる
坂道を下ります。

150602_sakamiti1.jpg

こちらも、両側、圧倒的な新緑。黄色いのは八重のヤマブキの花。

150602_sakamiti2.jpg

もりもり茂った木に上から藤の蔓が覆い被さって、すっかりカオス(混沌)。
良いなあ、良い景色ですよねぇ。



この坂道には大きなウワミズザクラが立って居るんですが、残念ながらお花の盛りは
過ぎちゃっていました。

150602_uwamizu_z1.jpg

ちょっと茶色いのはもう花びらがない花の穂。

ものすごく咲いた証拠に、花後を撮っておきました。

150602_uwamizu_z2.jpg

来年は、ちゃんとお花の盛りに見に来たいです。


それから、この後咲くのはヤマウコギ。

150602_y_ukogi.jpg

ちゃんとお花を撮れますように。願掛け代わりのつぼみ写真。


イロハカエデの葉っぱもすっかり色濃くなって、雑木林の低いところに傘みたいに
枝を広げています。

150602_iroha_k.jpg

真っ赤に紅葉する秋まで、ここで元気に繁っていてね。





おさんぽまだまだ続きます。次は、公園の中と「日陰の林」で見た草の花など。




posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: