2015年06月03日

キケマン属の花

今日は朝から久しぶりにまとまった雨が降りました。我が家がある関東では午前中を中心に
降って、午後には上がりました。雨上がりの街に出たついでに、アジサイを撮ってきました。
どんどん色鮮やかになってきました。頭上ではヒメシャラが咲き進み、ヒメじゃない方の
大きいシャラノキ、ナツツバキのつぼみもだいぶ膨らみました。いつ咲くかな。

記事の方は4/25のおさんぽから。隣町の公園と、裏の「日陰の林」で見かけた草花をいくつ
かご紹介します。

150603_kikeman1.jpg

ひとつめは、黄色いケマンソウ。2013年に記事に取り上げましたが、2年ぶりに咲いているの
を見かけました。





隣町の公園のとある場所、

150603_totinoki1.jpg

2013/4/18のおさんぽで初めて見かけた黄色い花。

150603_totinoki2.jpg

トチノキの大きな葉っぱが影を落とす地面に咲いてました。



2013/ 5/11付 「黄色いケマンソウ」

この時には翌週にはすっかり刈り取られ、かきねの下に数株残ったのを確認しています。
その時の子孫かな?同じように咲いていました。あ、同じようって言っても数はずっと
少ないですが。

150603_kikeman2.jpg

前回と大きく違っていたのは実が出来はじめていたこと。1週間ほど、あとですものね。
実の形も大切な見分けポイントです。前回は、フウロケマンを候補にあげて、でも変種の
ミヤマキケマンの方が似ているかな?で結んでいたのですが、

お花の形にもいろんな見分けポイントはあるようですが、ちょっと難しい。

150603_kikeman3.jpg

図鑑の写真ではこの花は、ミヤマキケマンの写真に似ていました。
フウロケマンの花は距の部分が下向きに曲がるって言うし。
実の情報が入ったら、見分けに結論が出るかな?


キケマン属の実は、だいたい細長くて、数珠のようにボコボコくびれて居るんです。
くびれが少なめならフウロケマン、くびれが多めがエゾキケマン。
ミヤマキケマンは細くてボコボコ。
ヤマキケマンの実は細くてくびれて、ものすごく曲がりくねります。
で、ツルキケマンとナガミノツルキケマンの実は、左右対称の平たい形。

でもって、↓ 写真を撮って 図鑑を調べたら、???

150603_kikeman4.jpg

べたんとしたキヌサヤみたいな実なんて載ってません。

でもweb検索したら、図鑑には載っていなかった一属の母種、キケマンと言う花がヒット。
なんだ有るじゃん。手元の図鑑に載ってなかっただけか。

で、キケマンも実のくびれもかなり少ないそうです。まだ若い実だからこれから変化する
かもしれないけれど、フウロケマンとキケマンのどっちか かな? まだ迷ってます。

黄色いケマンソウの実って、細長いんだな。
ちなみに、ムラサキケマンの実はこんな。

150603_m_keman.jpg

黄色いケマンソウの実に比べたら短いかな。
熟すとパチンと弾けて、アリさんへのご褒美付きのタネを飛ばします。



黄色いケマンソウの花が咲く場所のご近所には

150603_m_sagigoke.jpg

ムラサキサギゴケ。

ヘビイチゴ。

150603_hebiitigo1.jpg

おお、可愛いなぁ。

むっちりした花後、あれがきっとあとで赤いヘビイチゴの実になるんだ。

150603_hebiitigo2.jpg

赤い実が真っ赤でツヤツヤだったらヤブヘビイチゴ。赤味が薄くってツヤなしだったら
普通のヘビイチゴです。



「日陰の林」へ移動して、このあいだチゴユリのお花を眺めたあたりを確認。

150603_tigoyuri.jpg

しぼんだお花がまだ付いている。実まで見られたら嬉しいけれど、どうかなぁ。



もっと日陰に咲いていたこっちの白い花はツボスミレ。

150603_tubo_s.jpg

なかなか綺麗に撮れないけれど、とにかく咲いています。



「日陰の林」の林床で、ちょうど2種類のタビラコが並んで咲いていたので比較画像を
撮りました。

150603_tabirako.jpg

背の高いオニタビラコと、地面に伏せるヤブタビラコ。

150603_o_tabirako.jpg

↑ ぐんと上に伸びた茎に先に咲く花は、のちに綿毛になるのがオニタビラコ。

↓ デザインだけはそっくりだけれど、のちに綿毛にならないのがヤブタビラコ。

150603_y_tabirako.jpg

花もうつむきがちで、地味め。

綿毛になるのとならないの、名前はそっくりだけれど、属を分けちゃうほどの違い
だそうです。



帰り道で見かけたペラペラな花、もっと大柄なのを春早いうちから眺めていましたが、
これは大きくない 普通のジシバリ。

150603_jisibari.jpg

葉っぱが羽状に裂けない、スプーンの先のような形なんです。これも花後は、たんぽぽ
みたいな、でも、ちょっとまばらな綿毛になりました。



posted by はもよう at 22:50| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: