2015年06月05日

チゴユリ、もう一度

今日はまた雨。週の初めにはカラカラお天気で、しおれそうになっていた植え込みの葉っぱ
が2度の雨ですっかりよみがえりました。そのうえ、大好きなナツツバキが咲き始めました。
いよいよ梅雨入り間近だな。今日はちょっと涼しいです。

記事の方は4/25のおさんぽの続き。「日陰の林」の入り口で、新しい群落を見つけた
チゴユリ。半月ほど遅れて、今まで観察していた場所でも咲き始めました。

150605_tigoyuri1.jpg

一年で2回もみられて嬉しいな。





1回目は4/12。記事は5月ですが、見たのは4月で、↓この記事でご紹介した花はもう終わり。

2015/ 5/11付 「紫ケマンとチゴユリ」

で、この写真の株はお気に入りの観察スポット「北向きの斜面」の中程。

2008/ 4/23付 「チゴユリ」

もう7年も前から眺めて来た群生地なんだわ。
でもって、他所では半月前に見たけれどいつもの場所には咲かないのかな〜?って
見に行ったら、ちゃんと見覚えある葉っぱが並んでいました。ほら、白矢印のところ。

150605_tigoyuri2.jpg

ご一緒するのはコバギボウシの葉っぱやアケビの蔓。ほら、あの、すべすべツヤツヤな葉
ですよ、チゴユリ。

でもって斜面のてっぺん近く、遠いところにお花も発見!

150605_tigoyuri3.jpg

コバギボウシの大きな葉っぱの陰にチゴユリがうつむいて咲いていました。


よくよく見てみると、斜面のてっぺんにたくさんのチゴユリ。

150605_tigoyuri4.jpg

↑あっちにも。

↓こっちにも。

150605_tigoyuri5.jpg

↑この株のご近所さんはコアジサイだなぁ。

丹念に探して近づける場所にお花発見!

150605_tigoyuri6.jpg

長い茎が付いているので、風鈴みたいに見えるチゴユリの花。
本当に、一年で2度も見られて嬉しいです。



さて、同じように咲いていた他のお花もご紹介。
まだまだ盛りだったシャガの花。

150605_shaga.jpg

5月はアヤメ科のお花が次々咲くけれど、このお花がかわきりだったのかな。



薄紫のセリバヒエンソウ。

150605_s_hienso1.jpg

こちらもだいぶお花数が増えてきたところ。

150605_s_hienso2.jpg

複雑な造りのお花です。実も、変わっていて面白いんですけどね。


ミツバツチグリもまだ咲いていました。

150605_m_turiguri1.jpg

可愛い黄色のお花です。

150605_m_turiguri2.jpg

ヘビイチゴに似ていますか?でもこのお花は赤いイチゴの実にはなりません。

150605_m_turiguri3.jpg

お花の下の茎が 枝分かれしているのが、ヘビイチゴじゃないよって言う印になるかな?



オヤブジラミのあたりだけ、若干、秋の装い。

150605_oyabu_j1.jpg

春先に咲いて、春のうちに実になります。

150605_oyabu_j2.jpg

4/25でもまだお花の盛りです。よく見りゃ繊細で素敵なお花です。
お花の後は、シラミ呼ばわりされるほどしつこい、ひっつき虫な実になります。



カタクリの保護地のヤマツツジの根元には、強剪定されて日当たりが良くなったせいか、
ツリガネニンジンがたくさん芽吹きました。

150605_turigane_n.jpg

群生地のそばにお住まいの山野草ファンのおじさまのおっしゃることには、去年の秋
草刈りから何とか復活したツリガネニンジンがタネを落としたらしいんです。
度重なる今年の草刈りから逃れて、お花まで咲かせる株が今年も出ると良いなぁ。
成り行きをドキドキ見守りたいです。


それから、夏の終わりに咲きそうなアキノタムラソウ。

150605_a_tamura_s.jpg

春早いうちに芽吹きたてを眺めた葉っぱ、ここまで大きくなりました。
楽しみにしているからね。頑張ってね。



posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: