2015年06月08日

ヤマボウシの花

ああ、また、日付をまたいじゃいました。6/7の日記のつもりで打ちました。

今日も良いお天気でした。明日から梅雨空になりそうだったので、今日は余分にお洗濯。
それから、町内会のお掃除に出て、午後は、娘を誘って旦那さんの実家の皆さんのところへ。
写真の整理もしました。いやぁ、我ながらいろいろこなしましたよ。夕飯はホットプレート
一杯の餃子でビールを一杯。あーぁ、良い日曜日でした。明日からまた、がんばろ。

記事の方はいよいよ5月の写真。まずはヤマボウシ。

150607_yamabousi1.jpg

ハナミズキはアメリカのヤマボウシでしたが、日本のヤマボウシはこんな感じ。
清楚です。







アメリカヤマボウシはいろんな花色があって華やかでしたが、ヤマボウシは圧倒的に白が
多いですね。街中ですと、公園樹か庭木ですが、お山にも結構、生えています。

150607_yamabousi2.jpg

きゅっと詰まってまり状に咲く小花の周りを白い苞(ほう)が4枚で飾りつつ、虫さんたちの
来訪を待ちます。

秋には、ころんとひとかたまりになった実をつけます。

150607_yamabousi3.jpg

お花も葉っぱもそっくりなのに、実だけ大きく違うって不思議ですね。何でだろうな。
花期が結構長くて、次々と、ひと月近く咲いています。



ついでに、そばに咲いていたのを載せちゃおう。
こちらモッコウバラ。つぼみを5/26付けの記事に載せましたが、あれが4/22のことで、
これが5/1、満開になったときの様子。

150607_mokko_b1.jpg

黄色の八重で、ふわふわ可愛く咲いてました。

150607_mokko_b2.jpg

これからバラが次々咲くんですね。



ちょっと珍しいのを見かけました。最近身近に植栽されたんです。

150607_k_roubai.jpg

黒花ロウバイです。別名アメリカロウバイ。
黄色いロウバイとは、だいぶ形が違うけれど、同じロウバイ科。あっちはロウバイ属で、
こっちはクロバナロウバイ属なんですって。まだか細い苗なんですよね。枯れないで
咲いててね。



5/1の夕方には、家の近所のハリエンジュも撮ってみました。

150607_harienju1.jpg

ちょっと光が足りなくて、満足いく出来ではないのですが、後でちゃんと撮ったのも
記事にしますが、とりあえず。

家の近所の、ハリエンジュが密生している場所はとにかく、一本一本の木が大きいん
ですよ。

150607_harienju2.jpg

ジャングルみたいだな。

ハリエンジュのお花は白い藤に似ています。

150607_harienju3.jpg

蜜もたくさん出て、養蜂業者さんたちはこの花がなくなっちゃったら大変です。
何故か、マメ科でも、黄色ポンポンみたいなお花の「アカシア」と、まちわがれて、
歌にまで歌われていたりします。

150607_harienju4.jpg

それから夏に咲くエンジュと言う白い蝶型花の咲くマメ科の木のトゲ有り版というのが、
ハリエンジュという名前ですが、街路樹用にトゲのない 針無しハリエンジュという
品種もあるそうで、なにやらいろいろややこしいです。

つぼみはまだいっぱいあるので、今度は午前中のうちに撮影してみたいと思います。



posted by はもよう at 00:27| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: