2015年06月12日

姫と小米空木の花


今日は雨かと思ったら晴れ間がのぞいて、晴れるのかと思ったら通り雨が降って来るような
変わりやすいお天気でした。まあ、それが梅雨時らしいんだけれど、蒸し暑くてうっとうしい
です。そんな中、ベランダのカラーが久しぶりに3つも咲いてくれました。白い紙をくるっと
巻いたようなお花がベランダで楚々とたたずんでいます。また会えて嬉しいな。

記事の方は5/2のおさんぽ写真から、おさんぽ中盤で見た「木に咲く白い花」はヒメウツギ。

150612_himeutugi1.jpg

誰かが勝手に公園の境界線に植えたみたいです。
もう1種の白い花、コゴメウツギは記事の後半で。





公園の端っこ。隣り合わせた空き地はたぶんだけれど公共の土地。そこに誰かが勝手に作った
花だんがあって、園芸店で買ったらしいいろんな木が植えられています。
その中に、ひときわ背の低い 白い花の咲く木がありました。

150612_himeutugi2.jpg

花の形は、ウツギのもの。でも、見慣れたウツギよりはだいぶ小さいし、ウツギがまだ咲いて
いないのは知っていました。


花弁は5つ。おしべは10個。

150612_himeutugi3.jpg

たぶん、ウツギよりちょっと小さいし、花期もほんのちょっと早いから、ヒメウツギじゃ
ないかなと思っています。

150612_himeutugi4.jpg

ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木。「う〜の花の 匂う垣根に ♪」と歌われたウツギは
ほんのちょっと後に咲きます。



ちょっぴり奥へ踏み込んで、見上げる高ーいこずえ。

150612_m_aodamo1.jpg

入り組んだ枝と葉っぱのすき間に見たかったのは…

マルバアオダモの煙るようなお花。

150612_m_aodamo2.jpg

う〜ん、遠すぎてはっきりしないけれど、あれ、つぼみだったらいいな。
今度いつもおさんぽしている公園へ行って確かめて来なくっちゃ。



そう、そう、イイギリの花はどうかな?

150612_iigiri.jpg

この日、去年おばなを眺めた木を見に行ったら、粒々が付いた長いヒモのようなものが垂れ
下がっていました。つぼみです。ちゃんと咲いたら撮れるように準備しておこう。



そう言えば、「日陰の林」以外にもサワフタギが立っていた場所があったっけ。

150612_sawafutagi1.jpg

ひとつめが「日陰の林」なら、↑ ふたつめは谷の底。

↓ みっつめは斜面のてっぺんのシロダモやエゴノキの隣。

150612_sawafutagi2.jpg

ふわふわのサワフタギ、2枚追加です。




ちょっと時期を逃しちゃったのはムクノキの花。つぼみまで見ていたのにねぇ。
おばなは枯れ色になっちゃったけれど、

150612_mukunoki.jpg

白い柱頭だけのめばなはちゃんと写り込んでいました。(白矢印)
毛糸の端っこ数ミリくらいのちっちゃなめばなだけれど、この後、黒くて丸い実になります。



これから楽しみなのはナワシロイチゴ。

せっかく、木苺仲間じゃ珍しいピンクの花びらを持っているのに、ろくすっぽ開かない
へそ曲がりなお花、準備中です。

150612_nawasiro_i.jpg

実は、見て良し撮って良し、味も良しの3拍子揃った とっておきです。



こちらは近づけなくて、確認が取れない上に、毎年草刈り隊に刈られちゃう気になる葉っぱ。

150612_sugar_v.jpg

「日陰の林」の方でヤマウコギを見かけたから、これがオカウコギだと何となく嬉しいけれど、
見れば見るほど、観葉植物でブドウ科のシュガーバインにも似ているように見えてきます。
どっちですかねぇ?



この記事最後は、バラ科の落葉低木コゴメウツギ。

150612_kogome_u1.jpg

「ウツギ」と言う名は空木、つまり中空の幹や枝を指し、複数の科にウツギという名を持った
植物が存在します。で、バラ科唯一の'ウツギ'がこのコゴメウツギ。

草と間違うほど細い枝に、羽状に裂けた、結構、複雑な形の葉っぱが並び、

150612_kogome_u2.jpg

更に小さくて、砕けたお米みたいな白い花が咲きます。

花は小さいけれど、なかなか凝ったデザインです。

150612_kogome_u3.jpg

花の中心に向けて畳まれているようなおしべが可愛いです。

花の付きは良くて、たくさん咲いて涼しげです。

150612_kogome_u4.jpg

バラ科の小さなお仲間。コゴメウツギ。毎年、会うのが楽しみなお花です。



次はまた、草の葉とお花を見ていただこうかな。まだまだ5/2の写真です。



posted by はもよう at 23:43| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: