2015年06月15日

白雲木の花

今日は梅雨の合間の青空の日。とっても暑くなりました。うちのベランダではカラーに続いて
コクチナシも咲きました。両方3つずつ。嬉しいです。明日からは曇りがちなお天気になる
そうです。雨は降るかな?

記事の方はまた「木の咲く白い花」。今度はハクウンボクを見に、ちょっとだけ遠くの公園へ
行ってきました。5/3のことでした。

150615_hakuunboku1.jpg

毎年、この時期だけ通って居るんですけどね。驚くほどの密度で 大木が育っているとある
公園。私の行動範囲ではここにだけ、ハクウンボクが10本ほど植えられて居るんです。





遠目では、ちょっと解りにくいかな。一枚目の写真の真ん中だったんだけれど。



あ、でもその前に、先日、川原で出会うまでは、唯一の群生地だったウマノアシガタを
見ておこう。

150615_u_asigata1.jpg

今年もちゃんと咲いてはいたけれど、う〜ん、何だろう、勢いが弱まっちゃったな。
群生している株の数が減っています。数年後には絶えちゃうかもなぁ。

キンポウゲ科のお花らしいピカピカなはびら…っぽいガク(萼)。

150615_u_asigata2.jpg

ピカピカですよ。真ん中のおしべめしべもイイ感じ。

ただやっぱり、葉っぱはあんまり繁っていないし。うまくいかないものです。

150615_u_asigata3.jpg

元気な黄色。頑張れウマノアシガタ。



さて、ハクウンボクの植えられている公園、もうちょっと近づいて…

150615_hakuunboku2.jpg

肉眼だとちゃんと見えているんですよ。でもこのサイズの写真だとよく解らないですね。


ハクウンボクの真下です。見上げています。ああ、ここに住みたいくらい良い景色。

150615_hakuunboku3.jpg

ハクウンボクはエゴノキの仲間で、葉っぱが大きくて花が房状になります。
つまり大好きなエゴノキの豪華版みたいな木なんです。足を伸ばしても見に来たくなる
魅力的な木です。エゴノキが咲く、ほんのちょっと手前が見頃です。

エゴノキが咲いちゃったら、もう、ハクウンボクは散り始めちゃうんですよ。
去年は、確かちょっと時期を逃しちゃったけれど、今年はバッチリ。

150615_hakuunboku4.jpg

おお、きれいだ、綺麗。

雑木林に生えていても、他の木ほどは高くなろうとしないエゴノキと違って、ハクウンボクは
誰より高く伸びようとする背の高い木です。

150615_hakuunboku5.jpg

花の穂は、こずえの上の方にまとまって付きます。白い雲みたいに…。

でも、ウワミズザクラのように葉っぱの外へは出ようとしないんですよね。
日傘に隠れた色白美人みたい。

150615_hakuunboku6.jpg

ひとつひとつのお花は、大きさも形もエゴノキそっくりです。
でもそれがこの房状ですよ。

葉っぱの方は似ても似つかないほど大きいです。

150615_hakuunboku7.jpg

ね、葉っぱの日傘に隠れて咲いてますでしょ。

遠くからじゃ、ちょっと解りにくいけれど、木の下に入り込んで見上げるとこんなにびっしり
咲いてます。

150615_hakuunboku8.jpg

白い雲の木、ハクウンボク。今年もたっぷり堪能しました。
また来年もよろしくお願いします。



ここに来たら大きなトチノキも見なくちゃ帰れません。

150615_totinoki1.jpg

ただね、今年は、ここのトチノキの花は少なめでした。

花の穂にも、お花少なめ。花の穂も少なめ。

150615_totinoki2.jpg

ちょっと寂しいこずえの先です。

でも私、この大きな葉っぱも大好きなんですよね。

150615_totinoki3.jpg

大きなトチノキの下で、大きな葉っぱを見上げながら、日頃の細かいあれこれを すきっと
洗い流してきました。大きいことは良いことですよ。うん、明日からも頑張ろう。




ついでに、5/3に撮ったいつもおさんぽしている公園のベニバナトチノキも載せておきます。

150615_b_totinoki1.jpg

白いお花のトチノキほどではないけれど、こんもり繁った葉っぱのすき間から赤い花の穂を
たくさん立てて咲いてます。

お尻の黒いクマバチちゃんが来ていました。クマンバチじゃなくて、おとなしい蜂です。

150615_b_totinoki2.jpg

お花の穂は、白いトチノキの花よりはちょっとまばら。でも穂はどっさり付きます。

北米南部原産のアカバナトチノキとヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)の
交雑種なんだそうです。どっちにどう似たのか、どっちの木もなじみがないのでいまひとつ
ピンとは来ないけれど、綺麗だからまあ、いいっか。(^^*)

ところで、いつもおさんぽしている公園のベニバナトチノキは、年々数を減らして居るん
ですよ。日当たりの良いところへ、綺麗に間隔を開けて植えてもらっているのに、何が
原因で枯れちゃうんだろうな?と、ずっと思っていたのですが、もしかしたら、日当たりが
良すぎるのが嫌だったんじゃないかしら?

150615_b_totinoki3.jpg

この木、一番元気なんですが、隣に大きなケヤキが立って居るんです。そう言えば、隣町へ
行く途中で見かける、元気なベニバナトチノキも大きな白い花のトチノキの隣に立ってたわ。

こんなに大ききなる木でも、日に当てればいいってものじゃないのかも。そんな疑問がわいた
今年の観察結果でした。




さて、せっかく、木が生い茂っている公園に行ってきたのですから、これでもかって言う
くらい濃密な木々の写真を見ていただきましょうね、次回は。



posted by はもよう at 23:25| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: