2015年06月21日

オニグルミとポプラ


今日は思いがけないほどの晴天でした。布団を干して、洗濯物を余分にしたのは言うまでも
ありません。昨夜の雨はけっこう土砂降りだったのにねぇ。明日からはまたぐずつくかも
しれないけれど、今日さっぱりしたから、まあ、いいや。

記事の斑は5/3のおさんぽ、まだ続いています。いつもおさんぽしている公園をぐるっと
回って、オニグルミの下。咲いているはずのお花を探していると、上品な老婦人に声を
かけられました。詳しい人と思われちゃったみたい。恐縮です。(^^;)
これは藤ですか?ってご質問でした。

150620_onigurumi1.jpg

奇数羽状複葉の葉っぱは、マメ科の葉っぱに見えなくもない。この時期おばなの房が垂れて
フジの花の散ったあとみたいに見えたかもしれない。でも、適当は言えないので、
オニグルミですってお返事しました。





最大のポイント、藤はつる性植物だけれど、オニグルミはつるじゃないって言う点に
気付いていただければ良かったのですが。

150620_onigurumi2.jpg

でも、まあ、ちょっと藤に見えなくも…(^^A)無理か。
垂れ下がるのはおばなの穂。緑色でもお花です。

葉っぱの付け根から真上に伸びるのがめばな。

150620_onigurumi3.jpg

めばなは赤いんですよ。これがあとで大きな胡桃になるんだから、不思議なもんです。
枝がしなるほど実ったりするんですよ。



ご婦人はずっとなんだろうなぁと思いつつ、見上げていらしたようです。あとから合流した
ご家族に 何だか解った?って聞かれていらっしゃいました。

一緒に見上げた私は、別のことに気付いちゃいました。

150620_k_poplar1.jpg

オニグルミの後ろに植わっているカロリナポプラが綿毛を飛ばして居たんです。

落ちている枝にも弾けてふわふわになった実が付いています。

150620_k_poplar2.jpg

一緒に回ってきた件の老婦人。
何かが飛んで居るのも気になっていたけれど、これなのねって嬉しそうでした。

150620_k_poplar3.jpg

だいぶご高齢とお見受けしましたが、好奇心旺盛でいらっしゃる。素晴らしいことと思い
ます。それに引き替え、連れの若夫婦は、周囲のことに興味なさ過ぎじゃないですか?

公園にたくさん来ている他の人たちも、飛んでいる綿毛に全く無関心。気にならないの
かしら。

150620_k_poplar4.jpg

柳やポプラの仲間は、春まだ早いうちに花を咲かせ、夏前にタネに綿をつけ、風に乗せて
飛ばすんです。カロリナポプラは背の高い木だけれど、一生懸命見上げれば、綿を吹いて
居る実を見ることが出来ます。

どっさり実って、どっさり散らしています。

150620_k_poplar5.jpg

あっちにもこっちにも、ふわふわと綿毛が舞っています。今年も会えたなぁ。
カロリナポプラの綿毛に。

2014/ 6/ 1付 「ポプラの綿毛」
2007/ 5/24付 「我が街の「柳絮(りゅうじょ)」」
2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」


この次はたぶんこっちの柳の一種の綿毛の番。

150620_k_yanagi.jpg

なにヤナギって言うのか、ちょっと判別付かないんですが、綿毛が飛ぶのは間違いないです。
綿毛が飛び終わると、本格的な夏だよねぇ。




したたるような新緑の様子も、もうちょっと付け加えておきましょうね。

こちら、まっすぐ並んだメタセコイア。

150620_metasequoia.jpg

うっとりしちゃうような景色です。


近くで見ると繊細な葉っぱのラクウショウ。

150620_rakuusho.jpg

遠目で見ると針葉樹らしい樹形。一時、強剪定されて格好が悪くなっていたけれど、そう
言えば、だいぶ復活してきた感じ。やっぱり木の手入れは気長に先を見通せないと出来ない
仕事なんだなぁ。しみじみ



大きなキブシの葉っぱの陰には、丸っこい実が出来かけていました。

150620_kibusi.jpg

早春に優しい黄色の花が、のれんみたいに下がっていた枝ですよ。


5月の、力強さを増す日差しを透かして、感動しちゃうほど綺麗だったのがアキニレの若葉。

150620_akinire1.jpg

ガラス細工みたい。お目覚め遅めで、出て来たばかりの葉っぱが細かく揃っています。

150620_akinire2.jpg

近づくと更に更に素敵。うわぁ、こんなの飾っておきたいなぁ。



あっちこっちの新緑を眺めて、木や草の勢いよく育っている様に感動しながら歩き回って、
おなじみのイイギリの下へ来て、あっと息をのみました。

2009/11/26付 「イイギリとポプラ」

150620_iigiri.jpg

ここ数年、毎年見に来て、花と実を眺めたイイギリが今年は芽吹きませんでした。
幹の下の方に、サルノコシカケの仲間のきのこがしつこく出続けていて、このタイプの
きのこが出た木は枯れちゃったか、枯れかけている木だよなぁ…と心配していたので、
とうとうこの日が来たかと見上げて、最後の写真を撮りました。
隣町でやっとオスの株を見つけたのに、残念です。でも、今までありがとう。
ゆっくり休んでね。



次回は花だんの花をいくつかご紹介します。






posted by はもよう at 00:06| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: